本:多くを教えてくれる
これぞハードボイルド!乾いた文体で
非情な男の“収穫”を描いた名作

「血の収穫」 ダシール・ハメット(1894〜1961)






ダシール・ハメットは、レイモンド・チャンドラー、ロス・マクドナルドとともにハードボイルド小説の3大巨匠に挙げられ、その中でも“ハードボイルドの創始者”と称されている人物である。
「血の収穫」は、パルプ・マガジン『ブラック・マスク』誌に掲載された長編デビュー作にあたり、その客観的かつ簡素な描写は大きな反響を呼んだ。

サンフランシスコのコンチネンタル探偵社の探偵である主人公「おれ」(コンチネンタル・オプ)は、小切手を同封した事件依頼の手紙を受け取り、通称ポイズンヴィルという鉱山町に出向く。しかし、入れ違いに依頼人は射殺されてしまう。「おれ」は、依頼主の父親でポイズンヴィルの有力者エリヒュー・ウィルスンに接近する一方、独自に依頼主の殺人事件に首をつっこみ、エリヒュー・ウィルスンからこの街の悪人どもを粛清するように依頼される。
「おれ」は、ポイズンヴィルを支配する汚職警察やギャングたちを一掃すべく戦いを挑んでいくのだが、物語が進むにつれて主な登場人物のほとんどが殺され死体の山が築かれていく。そして、そんな中でも主人公は徹底して非情である。
ウエットな部分を一切排除した「血の収穫」の殺伐とした雰囲気は、読む側の心までヒリヒリしてくるようで、まるで自分が主人公と一緒に死体の山の中にいるような錯覚に陥ってくる。
ダシール・ハメットの代表作「マルタの鷹」に登場する探偵、サム・スペードのハードさも凄いが、本作の主人公に至っては名前すら出てこない。コンチネンタル社の探偵だから“コンチネタル・オプ”と呼ばれてはいるが、作品中では身を隠すための偽名が2つ出てくるだけだ。

私立探偵というと、警察の手に負えない事件の謎解きをする正義の側にいる人間というイメージがあるが、この作品の「おれ」はほぼ犯罪者なのだ。登場人物もほとんどがならず者で、誰が正しいとか、どっちが被害者でどっちが加害者かという事に意味はない。全員が保身のために相手を陥れようとして、結局は自業自得の結末になる。主人公の「おれ」は汚い手も平気で使って、火に油を注いでいく。
主人公が町に対して強烈な怒りを覚え、とことん非常にやりぬく姿はまさに元祖ハードボイルド。それなのに、主人公を格好いい男にせず、小太りのオッサンにしている所もいい。しかも「おれ」は考え事が苦手だ、と言いながら誰も気づかないような些細な事柄をヒントに真実を暴きだしていく頭脳明晰さも併せ持っている。謎解きの要素も持ちながら、あくまでも主人公の視点を通したリアルな人間関係をメインに据えたストーリー展開と、会話のきめ細かさ、描写の巧みさを楽しむこともできる。

ちなみに、黒澤明の名作「用心棒」は、この「血の収穫」に影響を受けて製作された事で有名である。そして、その「用心棒」を無断で西部劇化した「荒野の用心棒」はマカロニ・ウエスタンを生み出し、「続・荒野の用心棒」でマカロニ・ウエスタンの存在は決定的なものになった。「続・荒野の用心棒」の冒頭、棺桶を引きずって現れる主人公ジャンゴは世界中に衝撃を与えた。そして、その後創られた色々なマカロニ・ウエスタンのエッセンスを煮込んで出来たのが三池崇史監督の「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」となる。「スキヤキ〜」も骨格は「血の収穫」がベースだ。ひとつの物語から発祥したものが、巡り巡って戻ってきたようで、とても面白い。

ダシール・ハメットは1894年、アメリカのメリーランド州に生まれた。家が貧しかったため多くの職業を遍歴し、20歳の時ピンカートン探偵社で私立探偵の仕事に就く。1921年に結核が悪化し会社を辞めて小説を書き始め、1928年、処女長篇「血の収穫」を『ブラック・マスク』に発表し大反響を巻き起こす。1930年には「マルタの鷹」を発表。1934年に刊行した「影なき男」は、ペイパーバックの探偵小説として初めて100万部以上を売り上げ、記念賞を得る。
その後、小説が次々と映画化され、自らもパラマウントのシナリオライターとなり、ハリウッドの左翼映画人と親しくなったが、自作の映画化で収入が得られるようになったこともあってか、創作意欲は衰えている。労働運動にも強い共感を持っていたハメットは、反ファシストであり、アメリカ共産党にも入っていた。
しかし、それが第二次世界大戦後のアメリカで吹き荒れた「赤狩り」の被害にあう原因となり、友人の密告を受けて起訴され、他の共産党メンバーに関する自白を拒み続けた結果、法廷侮辱罪で有罪判決を受ける。
ハメットには印税や放送権料でかなりの収入があった。しかし、華やかな生活には目もくれず、ホテル暮らしでお金には無頓着だったという。IRS(日本の国税庁にあたる)はハメットに11万ドル余りの滞納税を突きつけるが、ハメットは支払いを拒否。IRSは印税などのすべての収入を差し押さえてしまう。そのため出獄後アパートに入るが3ヶ月で出て行かざるを行かなくなり、1961年、支援者の農場の片隅の小屋で肺結核により生涯を終えた時は131ドル程の年金収入だけだったと言われている。

ダシール・ハメットと、長年に亘ってその関係が有名だった女性に戯曲作家のリリアン・ヘルマンがいる。リリアン・ヘルマンは彼の支援で作家としてのデビューを果たし、作品制作だけでなく、経済的にもかなり支援を受けていた。2人は正式に結婚はしていなかったが、30年に亘る交際を続けていた。(2人の関係は映画「ジュリア」に描かれている)

ハメットは亡くなる前に遺言を書いていた。その内容は、子供2人と孫1人、そしてリリアン・ヘルマンにそれぞれ4分の1ずつ遺産を与えるという内容だった。しかし、ハメットには利子で膨れ上がった滞納税があった。そこで、リリアン・ヘルマンはハメットの子供と孫に遺産を放棄させ、滞納税をうまく処理して遺産を独占した。
当時、ハメットの著作は再版出来ない状態だったが、マッカーシズムは収束に向かっており、ハメットが再び注目され印税を生み出すことは十分予測できた。事実、へルマンが亡くなるまでの24年間、巨額の版権料が彼女の元に入り、1本の映画化権だけで25万ドルを受け取っている。ヘルマンの死後、彼女の遺言によってハメットの娘2人にそれぞれ3万5千ドルを残し、版権の3分の2はハメットの娘に、残り3分の1がハメットの孫娘に残された。それでもヘルマンの死亡時には版権を除いて遺産が400万ドルあったというから、彼女は文学的才能だけでなく、金儲けの才能にも秀でていたのだろう。
映画「ジュリア」のような美化された関係だけではなかったという驚きと、ヘルマンのしたたかさを感じさせられる事実である。
この辺りの詳細は「ハリウッドとマッカーシズム」(陸井三郎著/現代教養文庫)に書かれているので、興味のある人はこちらも一読してみてはいかがだろうか。


本トップ