本:多くを教えてくれる

文豪が昔話に託したメッセージ

桃太郎」  芥川龍之介
(1892~1927)





日本人で「桃太郎」を知らない人は多分いないだろう。
桃太郎が猿、犬、雉をお伴に鬼退治に行き、宝物を手に入れるという昔話だ。芥川龍之介は、この超メジャーな昔話を独自の感性でアレンジし、斬新な短編として大正13年に発表した。

冒頭は、さすがと思わせる流麗な描写で始まる。“或深い山の奥に大きい桃の木が一本あつた。大きいとだけではいひ足りないかも知れない。この桃の枝は雲の上にひろがり、この桃の根は大地の底の黄泉の国にさへ及んでゐた。何でも天地開闢の頃ほひ、伊弉諾の尊は黄最津平阪に八つの雷を却ける為、桃の実を礫に打つたといふ、―その神代の桃の実はこの木の枝になつてゐたのである。
この木は世界の夜明以来、一万年に一度花を開き、一万年に一度実をつけてゐた。花は真紅の衣蓋に黄金の流蘇を垂らしたやうである。実は―実も亦大きいのはいふを待たない。が、それよりも不思議なのはその実は核のある処に美しい赤児を一人づつ、おのづから孕んでゐたことである。”

神秘的で巨大な桃の木から桃太郎がこの世に送り出され、これからどんな物語が始まるのだろう、と大いに惹きつけられるのだが、ここからの展開は予想外だ。
桃太郎が鬼の成敗を思い立ったのは、お爺さんやお婆さんのように山や畑仕事に行くのが嫌だったせいであり、一方、老人夫婦も内心この腕白者に愛想を尽かしていた時だったから、立派な衣装と黍団子を用意し、体よく厄介払いした格好で鬼退治に送り出すのである。
お供をする犬、猿、雉も低賃金(黍団子半分)で雇われる。この3匹は桃太郎の「鬼ヶ島には宝があるぞ」の言葉に目の色を変える浅ましい連中だ。しかも、仲が悪くお互いにいがみ合っている。

一方、鬼が島は“絶海の孤島だが、椰子が聳え、極楽鳥の囀る美しい天然の楽土だった。鬼は琴を弾いたり踊りを踊ったり、古代の詩人の詩を歌ったり、すこぶる安穏に暮していた。牙の抜けた鬼のお婆さんは、孫の守りをしながら『お前たち悪戯をすると、人間の島へやってしまうよ』と、人間の恐ろしさを話して聞かせていた。『人間の島へやられた鬼はあの昔の酒頴童子のやうに、きっと殺されてしまふのだからね。え、人間といふものかい?人間といふものは角の生えない、生白い顔や手足をした、何ともいはれず気味の悪いものだよ。おまけに又人間の女と来た日には、その生白い顔や手足へ一面に鉛の粉をなすってゐるのだよ。それだけならばまだ好いのだがね。男でも女でも同じやうに、嘘はいふし、慾は深いし、焼餅は焼くし、己惚は強いし、仲間同志殺し合ふし、火はつけるし、泥棒はするし、手のつけやうのない毛だものなのだよ…』”
その言葉通り、桃太郎たちは鬼が島に上陸すると、筆舌に尽くせないようなあらゆる悪事を行う。
“犬はただ一噛みに鬼の若者を噛み殺した。雉も鋭い嘴に鬼の子供を突き殺した。猿も―猿は我々人間と親類同志の間がらだけに、鬼の娘を絞殺す前に、必ず凌辱を恣(ほしいまま)にした。”
鬼たちはおそるおそる、自分たちが人間に何か悪さをしたのかと尋ねる。すると桃太郎は、日本一の桃太郎が家来を召し抱えたため、何より鬼を征伐したいがために来たのだと答える。鬼たちは自分たちが征伐される理由がさっぱりわからないまま皆殺しにされてしまうのである。
そして桃太郎は鬼の財宝を奪って意気揚々と凱旋するが、生き残った鬼の末裔達は桃太郎を憎み、桃太郎の身辺に攻撃を仕掛けてくるようになる。桃太郎の傲慢と横暴によって、子孫へと続く不毛の戦いは生み出されたのである。
これはあくまでも芥川流のブラックな「桃太郎」だが、現実社会でもこれと同じことは起こっている。世界のどこかで絶えず戦争は起こっているし、差別も無くなることはない。侵略が憎しみを生み、復讐という負の連鎖がいつまでも続く。芥川龍之介の「桃太郎」は、こうした人間の愚かさ、醜さを美しい文体で風刺的に描いた名作だ。

日本中でヒーローの元祖のように語り継がれている桃太郎。しかし、芥川の「桃太郎」のように実は極悪非道な人間でも、勝てば英雄扱いされる。一方が英雄になってしまえば、もう一方は悪者になるしかない。
その不条理さ、侵略者のエゴイズムを、芥川は誰もが知っている昔話に託し、実に見事な風刺的「桃太郎」を生み出した。
この「桃太郎」は芥川龍之介が大阪毎日新聞社の特派員として中国を訪れた際に会った革命家・章柄鱗の発言に触発されて創作したという。確かにある国では英雄扱いされている人物が、別の国では悪人として憎まれている場合がある。視点を変えて物事を俯瞰することは、本質を見極める上で不可欠だと言えるだろう。

“人間の知らない山の奥に雲霧を破った桃の木は今日もなお昔のように、累々と無数の実をつけている。勿論桃太郎を孕んでいた実だけはとうに谷川を流れ去ってしまった。しかし未来の天才はまだそれらの実の中に何人とも知らず眠っている。あの大きい八咫鴉は今度はいつこの木の梢へもう一度姿を露わすであろう?ああ、未来の天才はまだそれらの実の中に何人とも知らず眠っている。”という文章で、この物語は終わる。何とも美しく、そして不安にさせる終わり方だ。

他にも芥川龍之介が作品化した昔話に「かちかち山」と「猿蟹合戦」がある。
「猿蟹合戦」も寓意に満ちた内容で、昔話「猿蟹合戦」の後日談といった内容になっている。
一方の「かちかち山」は、終始美しい言葉で紡がれており、台詞もなく象徴的で幽玄の美を感じられる素晴らしい短編である。
透徹した独特の人間観を持っている芥川龍之介だからこそ生みだせた、既成観念にとらわれない新訳昔話。シンプルなだけに、怖さがより伝わって来る名作である。


本トップ