本:多くを教えてくれる

天才作家の業と凄みが感じられる短編

「六の宮の姫君」

芥川龍之介



 京の六の宮の近くに住んでいた姫君の物語。
両親は娘を大切に育てていた。姫はさして喜びも悲しみもない日常を過ごしていたが、娘が年頃になる頃父母が相次いで亡くなってしまう。
姫はたちまち生活に困り、乳母は屋敷の調度品を売りながら必死に世話をするが召使たちもいなくなり、生活も困窮した。それでも姫は以前と同じように歌を詠んだり琴を弾いて日常を過ごすことしか出来なかった。
乳母が姫に「丹波の前司が姫に是非お会いになりたいと申しております。生活もこのようでございますので一度お会いになられたら?」と勧めると、姫は涙にくれるのだった。
しかし、生活のためには仕方ない。姫は申し込みを承諾し、男が通ってくるようになる。(当時は通い婚が一般的だが、この場合は正式な妻ではない)
男は美男子で優しい心根の持ち主だった。だが、姫は男を頼もしく思いながらも愛情や幸せを感じることはなかった。そうするうちに暮らしも上向き、姫は双六を打ったり琴を引いたりして過ごした。ところがある夜、男は「そなたと遭うのも今宵限り」と別れを切り出す。男は父と共に陸奥の国に赴任することになったのだ。姫のことは父に言いそびれており、今更言い出せない状況だという。「5年待って欲しい。必ず迎えに来る」と言い残し男は去って行った。
しかし約束の年月が過ぎても男は帰ってこない。実は男は父の薦める女性と任地で結婚していたのだ。屋敷は荒れその日の暮らしにも困るほど生活は困窮した。乳母が他に言い寄る男が居るので会ってみてはと勧めるが、姫は「もう何もいらぬ。生きようとも死のうとも一つ事じゃ」と嘆くばかりだった。
月日は流れて9年後、再び京に帰って来た男は姫の屋敷を訪ねるが、そこは荒れ果てた廃屋になっていた。洛中を探し回っていた男は雨宿りした朱雀門の近くで、病人らしい女と年老いた尼を見つける。やせ枯れたその女は姫だった。男は姫を抱きかかえるが、姫はもう臨終の間際で、尼(姫の乳母)はその場にいた法師に経を読んでくれと頼む。
法師は「往生は自力でするものゆえ、自分で阿弥陀仏の御名を唱えよ」と言うが、姫は「何も、―何も見えませぬ。暗い中に風ばかり、―冷たい風ばかり吹いて参りまする」とうわごとを繰り返し、そのまま息絶えてしまった。
その後、朱雀門で女の泣き声がするという噂を聞いた侍が確かめに行ってみると、確かに女のすすり泣く声が聞こえる。侍が刀を抜こうとすると、そこに法師が現れ「あれは極楽も地獄も知らぬ、腑甲斐ない女の魂でござる。御仏を念じておやりなされ」と言う。
法師の顔を覗いた侍はハッと気づいて両手をついて伏し「あなた様は内記の上人様ではございませんか。なぜこのようなところに?」と言う。その法師こそは、かの空也上人の弟子の中でも高弟中の高弟で知られた慶滋の保胤であった…。
 この「六の宮の姫君」は大正11年、芥川が31歳の時に執筆した作品である。今昔物語集などの説話を題材にして書いた歴史小説群、いわゆる“王朝もの”小説の最後の一つとして位置づけられている。「六の宮の姫君」は悲劇的で印象深いため題材として人気が高く、いろんな作家が取り上げている。
堀辰雄は同じ今昔物語集を元に「曠野(あらの)」という小説を書いており、こちらは悲しく美しい愛の物語に仕上がっている。
また、漫画家の山岸涼子は「朱雀門」という話の中で、この「六の宮の姫君」について“生”を生きない者は“死”をも死ねない、生きるという実感がなければ、死ぬという実感がなくて当たり前と語っている。
他にも北村薫の「六の宮の姫君」は、主人公が卒論のテーマにしている六の宮の姫君の創作意図を解き明かすために、芥川の交友関係を探っていくという文学推理ものになっており、芥川龍之介はなぜこの小説を書いたのか、原典との違いはどうして生じたのか。最後に登場する法師の存在はどういう意味があるのか、という事まで追求していて読み応えがある。
 「六の宮の姫君」は、ひたすら受け身で生きる努力をしなかった姫に責任があるとか、ふがいないのは父親に逆らえず別の女と結婚した男の方だとか、己の力で救えなかった法師が「不甲斐ない魂」と姫を非難するのは傲慢だ、など色々な感想がある。確かにその通りなのだが、芥川龍之介が書きたかったことは全く別の所にあるのではないか、という気がするのだ。今昔物語集では男に抱かれあっさり死んでしまう姫君が、芥川の「六の宮の姫君」では最後まで阿弥陀仏を唱えず亡霊になってしまう。ラストで姫が見る幻影や法師の記述は芥川の創作である。
臨終の間際に姫は火の車、次に天女の乗った“玉の飾りしためでたき車”を見る。しかしその後は何も見えない状態になる。姫を看取った法師が最後に語るように“極楽も地獄も知らぬ、腑甲斐ない女の魂”には安らかな死すら訪れない。暗い中に風ばかり―冷たい風ばかり吹いている中を永遠に彷徨うしかないのだ。美しい姫の哀れな物語を独自の感性で全く違った物語に仕上げた芥川はさすがというか、天才作家の凄みをひしひしと感じてしまう。
 芥川は姫の臨終を描写することで読者に“死ぬこと”を意識させているようにも思える。
この「六の宮の姫君」執筆と前後した時期、芥川は自身の心身の不調に加え、親族への援助や老いた養父母と伯母、家族の扶養など実生活の重圧に悩んでいたという。生活のために意に染まない通俗小説も手掛け、さらに自殺を考えるまでに神経を疲弊させていく。「六の宮の姫君」にはこのような芥川自身の心象も投影されているのではないだろうか。芸術のためだけに生きることが出来ない己への自己嫌悪と人生への深い絶望。
どこまでも空虚で冷たい風ばかりが吹く空間に漂い続けること、それが芥川にとって唯一の救いだったのだろうか。「もう何もいらぬ。生きようとも死のうとも一つ事じゃ」という姫の言葉こそが芥川の本音だったのかもしれない。
本トップ