本:多くを教えてくれる

天才数学者が危惧した日本の危機

春宵十話」       岡潔
(1901~1978)



岡潔は日本が生んだ世紀の数学者である。1901年、大阪に生まれ和歌山県粉河中学校、第三高等学校を卒業後、京都帝国大学理学部物理学科に入学する。翌年に、数学科に転科し、そのまま同大学の講師を務めた。その後1929年フランスに留学。帰国後の1932年、広島文理科大学助教授に就任するが、1938年、精神不安定状態に陥って退職している。
1951年には学士院賞、1960年に文化勲章受章を受賞。文化勲章受賞時に天皇陛下から「数学とは?」と問われ、「魂を燃焼させること」と答えたという逸話は有名である。この頃から日本人の情緒が貧しくなってきた現状を憂い、執筆や講演などを通じて警告し始め、1973年には勲一等瑞宝章を授章する。1978年、従三位を送られるが、同年3月1日、老衰により永眠した。

岡はフランス留学時代、生涯の研究テーマを多変数解析函数論に定め、世界の数学者が誰も解けなかったドイツのベンケ教授の出した多変数函数論についての3つの問題を見事に解いてみせた。欧米の数学界では、それがたった1人の数学者によるものとは信じられず、“岡潔”というのはブルバキのような数学者集団によるペンネームだと思われていた。岡の研究論文は、そのぐらい内容の濃いものだったのだ。
しかし、研究が進むうちに生活は一層苦しくなり、家族5人のために土地や財産を次々に売り払い、奨学金で生計を立てた。ついには住む家もなくなり、村人の好意で貸してもらった物置きに住んでいた。敗戦直後の食糧難の時代にはイモを作って飢えをしのぎながら研究に取り組んだ。
学士院賞を受賞した時、感想を聞かれた岡は「イモをつくる研究が一番つらかったよ」と言葉少なに語ったという。

周囲の視線など気にも留めなかった岡には、さまざまなエピソードも残っている。
日常生活には全くの無頓着で、ヨレヨレの背広にノーネクタイ。天候にかかわらず一年中雨グツをはいて大学に通っていた。「雨グツは底がゴムだから、頭にひびかない。だから思考の妨げにならない」というのがその理由。背広でもネクタイはしめない。着物を着ても帯をしめない。その理由は「交感神経をしめつけるから」。夏でも雨グツを履き、その雨グツが暑いから冷蔵庫へ入れて冷やして履くと気持ちがいいとか、とにかく浮世離れしていたらしい。
一年を通して、雨グツにコウモリガサ、よれよれの背広にノーネクタイが岡のトレードマークであった。
常に数学のことを考えていて、熱中していい考えが浮かぶと、散歩中だろうが、いきなり道端にしゃがみ込んで石や木を拾い、難しい数式を書いて計算を始める。解けるまで、何時間でもしやがみ込んで計算しており、道行く人は何事かと驚いたそうだ。
その反面、寺田寅彦の物理や随筆を好み、夏目漱石、芥川龍之介、松尾芭蕉などの作品を愛読した。音楽にも美術にも、深い関心を示していた。

「春宵十話」は、そんな岡潔が話したことを文章にしたもので、1963年に毎日新聞に掲載された。毎日新聞社の記者が、なんとか岡潔にエッセイを書かせようとしたものの、世間と没交渉で研究時間を取られたくない岡は首を縦に振らない。それでも粘って口説いたところ「そうまで言うなら口述で」ということになったそうだ。
本書では、岡が自分の経験に基づき、教育や日本に対する想いを優しく且つ厳しく語っている。
「人の中心は情緒である。情緒には民族の違いによっていろいろな色調のものがある。たとえば春の野にさまざまな色どりの草花があるようなものである。(中略)私は数学なんかをして人類にどういう利益があるのだと問う人に対しては、スミレはスミレのように咲けばよいのであって、そのことが春の野にどのような影響があろうとなかろうと、スミレのあずかり知らないことだと答えて来た。」
これは冒頭の有名な一説だ。
岡は、学問は頭でするものだという一般的な考え方に対して、情緒が中心になって学問を行うべきだと主張していた。そして、現在(といっても昭和30年代)の教育によって日本人の核をなす情緒が破壊され、日本人とはいえぬほど変質していくその姿を憂いている。
岡は人間を“渋柿の枝に甘柿の枝をついだようなもの”と例え、とにかく早く育ちさえすればいいという今の教育では、早く成長する渋柿の芽に甘柿の芽の発芽が抑えられてしまうと言い、「すべて成熟は早すぎるより遅すぎるほうがよい」と述べている。
しかし、全てにおいて人と比較しながら行動する日本の社会で、人より遅くても悠然としているためには、かなり確固とした自分の価値基準を持っていないと難しい。
「…いまの教育では個人の幸福が目標になっている。(中略)それ以外には、犬を仕込むように、主人にきらわれないための行儀と、食べていくための芸を仕込んでいるというだけである。」という痛烈な言葉が胸にグサリと突き刺さる。

人の心を自分の心のように感じることができる人間が、日本人である。
自然の心が、自分の心に感じられるのが日本人である。
これが、岡が定義する日本人の本質だ。そして、日本の風土と人間を愛していた岡は、この国の未来を真剣に危惧していた。
「(昨今の日本では)善悪の区別もつかなくなってきた。日本で善といえば、見返りも報酬もないもので、少しも打算を伴わないことである。そこに春泥があることを温かみとして沛然と納得するごとく、何事もなかったかのように何かをすること、それがおこなえればそれが善なのだ。
それから、これは西洋でも相当におかしくなっているのだが、人を大事にしていない。人を大事にしないと、人とのつながりに疑心暗鬼になっていく。人と人のつながりなど、最初につながりがあると思ったら、そのままどこまでも進むべきなのだ。どこかで疑ったらおしまいなのである。」
日本という国の歴史を語るとき、和歌を抜きにして語ることが出来ないように、私たち日本人も情緒を抜きにして語ることは出来ない。今、その大切な情緒を理解できる人がどの位いるのか?現代はまさに、岡が危惧した社会になっていると言えないだろうか。
私は常々疑問に感じていた事がある。それは、昔と比べて幼児教育や情操教育についての研究が進み、多くの親や教師がそれを実践しているにも関わらず、なぜ昔は起こらなかったような事件が多発しているのか?なぜ昔のような偉大な人物が現れないのか?
今の世の中、お金や物質に執着する人間がこんなに多いのはなぜなのか?それは、自分の内面に自信がない人が増えているからだと思えてならない。
人間は自分の欲を満たすだけでは生きていけない。それこそ本当に獣だ。この獣性の増長が、頻発している事件や人間性の歪みと関係しているのだとしたら、私たちは今すぐ考え方を改めなければならない。
私たちは他人との競争に勝つこと、見返りを求めることばかり考えすぎなのだ。岡が言うように 、“善い生き方”をしなければ日本人は不幸になる一方だとしたら…心を満たすために必要なものは何なのか。
「春宵十話」は、日本人が日本人として幸せに生きるためには何が必要か、その本質を考えさせてくれる素晴らしい1冊である。
本トップ