本:多くを教えてくれる
時代とともに生き、真の自由を求めた偉大なる哲学者

「嘔吐(La Nausee)」 
ジャン=ポール・サルトル(1905〜1980)






 「嘔吐」は、ジャン=ポール・サルトルが1938年、大学教授であった頃に発表した作品で、彼の著作の中で最も良く知られるものの1つである。
実は、このタイトルの訳は「嘔吐」ではなく「吐き気」が正しいという。活字的に座りが悪いことから、このタイトルになったそうだ。
本作の主人公は30歳で独身の旅行家兼歴史研究者、アントワーヌ・ロカンタンという赤毛の男。物語はロカンタンの日記形式で綴られていく。
ある日、ロカンタンは自分の中で起こっている異変に気づく。海岸で何げなく拾った小石や、カフェの給仕のサスペンダーを見て吐き気がしたり、ついには自分の手を見ても吐き気がするようになってしまうのだ。そして、公園のベンチに座って目の前のマロニエの気の根を見た時、激しい吐き気に襲われ、それが“ものがそこにあるということ”が起こすものだと気づく。つまり、この吐き気は“実存に対する反応”だったのだ。思考は言葉と結びつかず、支離滅裂を繰り返し、意識が朦朧としていく。
そして彼は悟る。物がただ物として、自分がただ自分として存在している事を。誰の意識の中にもアントワーヌ・ロカンタンという人物など存在しないという事を。それらが単なる抽象的な概念に過ぎないと気づいた時から永遠に反復される“吐き気”。
この“吐き気”とはゲシュタルト崩壊である。ゲシュタルト崩壊とは、現実の感覚が薄れて混乱することで、実存の上に意味を与えられた物が、ある時まったく別の物になったような違和感を覚える。それがロカンタンの身に起こり、彼の日常生活は崩壊したのだ。
サルトルは、実存主義という思想を唱え、自由の意味を追求した人物で、「実存は本質に先立つ」という有名な言葉は、当時多くの人々から熱狂的な支持を集めた。
実存が本質に先立つ人間は、何ものによっても決定されず、どんなことでも許されている。しかし、自由であるという事は同時に、己の行為について一切の責任は自分にあるという事でもある。サルトルは人間の自由性を主張し、同時に「人間は自由の刑に処せられている」と述べている。つまり、人間は自由であるがゆえに不安だというのだ。人間は自由でいられるというよりも、むしろ自由でしかいられない。
人間は、その不安を軽くするために決まりごとを沢山作り、それが必然であるかのようにふるまう。そして、自らの責任においてルールを選択する。その総体がその人そのものであり、自らを創るということなのだ。
人間は自分の人生や行動に何らかの意味があると思い、至高の瞬間を求めて生きている。 しかし、そもそもそんなものは“無い”のだ。存在そのものに意味がなく、偶然の産物でしかない。しかし人間はこの無意味で偶然的な実存から逃れられない。何をしても無意味なのに、何かしなくてはならない。
サルトルが素晴しいのはそれを知った上で「アンガージュマン」(engagement)を唱えたことだ。
アンガージュマンとは、積極的関わりを意味する言葉で、状況を壁と感じて立ち止まるのではなく、むしろその状況に積極的に関わり乗り越えていく態度のことである。第2次世界大戦が終わった1945年の秋、サルトルはメルロ=ポンティ、ボーヴォアール、レイモン・アロンらと雑誌『現代』を創刊し、その編集長になった。このときサルトルが掲げたスローガンがアンガージュマンであった。サルトルは、哲学者や学者作家も時代状況と徹底して関わっていく事からしか使命を見出せないという事を『現代』で訴えた。
1905年、パリで生まれたサルトルは、生後15ヶ月で海軍将校であった父が熱病で死去したため、母方の祖父であるシャルル・シュヴァイツァー(ノーベル賞受賞者であるアルベルト・シュバイツァーの伯父)の家に引き取られ、およそ10年後に母が再婚するまでこの家で育てられた。
19歳で、高等師範学校へ入学したサルトルは、ここで生涯の伴侶となるボーヴォワールと巡り合う。2人はお互いの自由を認め合い、正式な結婚はしなかったが、彼らの結びつきはそうした形式を超越した深いものであった。その後、高等中学校の教師になり、1938年に長編小説「嘔吐」を発表すると、サルトルの名は一気に高まった。
1943年には「存在と無」を著して、人間はどうしたら自己の存在を認める事ができるかを、さらに深く問いかけた。
第2次世界大戦が終わった1945年に教職を退き、その後は長編小説や戯曲を書き続けた。
1964年には、ノーベル文学賞に選出されるが、これを辞退している。サルトルはノーベル賞を辞退した数少ない人物であり、ノーベル賞を資産家層によって作られた儀式に過ぎないと評した。ちなみに文学賞辞退は旧ソ連の詩人パステルナークと彼の2人だけである。
1966年(昭和41年)、9月18日にはボーヴォワールとともに来日、約1ヵ月間滞在した。羽田空港で開かれた記者会見には60人を超える記者とカメラマンが殺到。9月20日、慶応大学で行われた講演では、会場となった教室で約1000人が聴講したほか、約3000人がテレビで聴講したそうである。
「人間は、自分の意思と判断で生きていかねばならない」
そう唱え続けたサルトルは、原水爆実験、アルジェリア戦争、ハンガリー動乱、中東紛争、プラハ事件、ベトナム戦争など20世紀後半に起きた様々な事件において果敢自分の立場を表明し、権力に挑み続けた。徹底的に時代に参加するという、サルトルが生涯貫いたこの姿勢は多くの人々を勇気づけた。
しかし、66歳で最初の発作を起こし、その後は病気がちになってしまう。ボーヴォワールは最愛の人サルトルが次第に蝕まれ、自由にならない身体と格闘しながら生きている姿を克明に、冷静に、最期まで書きとめている。
高血圧や動脈硬化、糖尿病、筋肉麻痺でほとんど目も見えなくなり、小さなアパートで一人暮らしをしていた晩年のサルトルを撮影したドキュメンタリー映画がある。この中で彼は「私はもう目も見えなくなり、体も衰え、今は近所の子どもたちがサルトルじいさんと呼んで散歩に連れて行ってくれるのが唯一の楽しみだが、やがてはひとりで歩けなくなるだろう。しかし自分は、あくまで希望の内に死んでいく」と静かに語っている。最後は肺水腫のため74歳で世を去った。晩年は不遇であったが、サルトルの葬儀には彼の死を悼む5万人以上の人々が参列したという。
現在、サルトルとボーヴォワールはモンパルナス墓地で一緒に眠っている。
サルトルを“忘れ去られた哲学者”と呼ぶ人もいる。しかし、彼が自分という殻に閉じこもる哲学を批判し、「閉じた場所の外へ出よう」「世界と関係しよう」と呼びかけた言葉は、現代でも私たちの心を揺さぶる力がある。彼の作品から何を教訓として学ぶべきなのか、それは人それぞれだろう。“無”を否定的に捉えるのではなく、消化し、乗り越えてゆくことが必要だと訴え続けたサルトル。
今、ここで生きている事も自分が選択した結果であるなら、これからも歩みを止めないように、自分の人生を選んで行かなくてはならない。サルトルの作品と彼の生きざまは、私にそんな勇気を与えてくれる。


本トップ