映画:忘れられない一瞬がある
「ガタカ」
Gattaca


遺伝子の優劣がすべてを決定する近未来世界





 「ガタカ」?この名前は、物語の舞台となる近未来の宇宙局の名前であり、遺伝子を形成するDNAに含まれる科学物質の頭文字でもある。  この作品は、遺伝子操作により生まれながらに優れた知能と体力と外見を持った 適正者 と、自然出産により生まれた 不適正者 との間での社会的差別を描いた近未来の物話だ。  遺伝子操作されることなく生まれてきた主人公のヴィンセント(イーサン・ホーク)は心臓疾患があり、出生時に約30年の寿命と診断され、将来の見込みがない子供として育つ。遺伝子操作を受けて生まれてきた優秀な弟アントンには何をしてもかなわず、両親の愛情はアントンに注がれていた。  やがて、ヴィンセントは宇宙飛行士になりたいという夢を抱くようになるが、宇宙飛行士になれるのはエリート中のエリートのみ。どんなに体を鍛え頭脳を磨いても遺伝子上 不適正者 であるヴィンセントにチャンスは皆無だった。しかし、ヴィンセントは諦めなかった。ある日、ずっと勝てなかった弟との遠泳競争に勝利したヴィンセントは、努力は報われると信じて家を出る。  職を転々としながら、ガタカの清掃業に就いていたヴィンセントは、適正者のサンプルを用いて働く道があることを知り、ブローカーに接触する。紹介されたジェローム(ジュード・ロウ)は、稀にみる優れた遺伝子を持つ元水泳の銀メダリストだったが、自殺未遂により下半身不随になっていた。ジェロームの生活を保証することを条件に彼と契約したヴィンセントは、ジェロームの生体ID(血液、尿、指紋など)を借りてガタカの局員に採用される。  完璧な管理体制のガタカでは毎日厳しいDNAチェックがあるため、毎朝全身の毛を剃り、ジェロームの尿や血液をばれないように仕込み、ジェロームの指紋の型を指に貼り付けて出勤する。面接前にはジェロームとの身長差をごまかすために身長を伸ばす為の手術も受け、まさに血のにじむような努力をして毎日を送る。  そしてついにタイタン行きの宇宙飛行士に選ばれるが、ロケット打ち上げに反対していた上司が社内で惨殺されるという事件が起こる。その上、運悪くヴィンセント自身のまつげが社内で発見され ヴィンセントという名前の不適正者 が容疑者となってしまう。ジェロームになりすましたヴィンセントに疑惑の目が向けられ、ついに自宅にも捜査の手が及ぶが…。  「トゥルーマン・ショー」の脚本、「ターミナル」の原案・製作総指揮を担当したアンドリュー・ニコルの初監督作品。アンドリュー・ニコルは心に沁みるヒューマン・コメディを得意とする映画作家だが、「ガタカ」にはコメディの要素はない。そして、SFでありながら派手なCGやアクションも一切ない。宇宙船が登場するのはまさかのエンディングのみで、淡々と話が進むサスペンスタッチの作品に仕上げられている。無機質な中にどこか懐かしさを感じさせる近未来のセット、一切の無駄を排除した映像は一度観たら忘れられない印象が残る。  この作品で特筆すべきなのはジェロームの存在だ。この作品はヴィンセントの物語でありながら、ジェロームの物語でもある。光と影のように対照的に描かれているヴィンセントとジェローム。恵まれた素質を与えられながらも挫折してしまった自嘲気味のエリートが、ヴィンセントの運命共同体として生きていく姿。ときに自分たちの大それた企みに弱気になるヴィンセントを鼓舞し、罵倒しながら支える姿。彼が下した決断は哀しいものではあるが、彼にとってそれが唯一の再生であり開放だったのだと思う。このジェロームを演じるジュード・ロウの存在感がとにかく抜群。ジュード・ロウにとって初めてのアメリカ映画だったそうだが、完全に主役を食った魅力を発揮している。  また、徐々にヴィンセントに惹かれていくアイリーン(ユマ・サーマン)の完璧な美しさも印象的。(イーサン・ホークとユマ・サーマンは本作共演後めでたく結婚したが、イーサン・ホークの浮気が原因で離婚している。)そして、全編を通じて流れるマイケル・ナイマンの抑えられた楽曲も、この美しい作品をより一層引き立てている。  もう一つ興味深いのは、NASAが科学的見地から選出した 現実的な SF映画1位に「ガタカ」が選ばれたということだ。(ちなみに ありえない 映画の1位はローランド・エメリッヒの「2012」)  事実、倫理的に問題があるだけでこの作品のような遺伝子操作は、既に可能な域にあるのだろう。  しかし、性別はおろか病気、体力、頭脳、目の色、肌の色、髪の毛の色を選び、将来の薄毛の心配まで排除して生まれる生命。これは、メリットと言えるのだろうか?  作品中で遺伝子学者はこう言う。「子供には最高のスタートを切らせておあげなさい」「子供に余計なハンデは無用です」「自然に任せていたら1000人に1人出るか出ないかの傑作ですよ」  確かに人は生まれながらに不平等だ。いくら努力してもどうにもならない事はたくさんある。しかし、ヴィンセントは欠点もひっくるめて与えられた運命を受け入れ、夢に向かって進んで行く。この作品を見ていると、人間にとって大切なのは欠点を探す事に時間を費やすより、自分に何が出来るのかを考え、努力する事なのだと教えられる。そして、その考え方次第で人生は大きく違ってくるのだろう。ヴィンセントとジェロームのように。  淡々としたイメージのある本作だが、中にはヴィンセントに手を差し伸べる人々も登場する。不適正を見逃す検査技師、ヴィンセントの使ったコップを隠蔽しようとする掃除人、モニターに映ったID確認の「不適正」を見逃す局長。この作品は、差別を描いた物語でありながら、優しさが根底に流れている。  遺伝子学者の言った「性格的な欠点で十分」という言葉は、どんなに遺伝子的に優れていても性格的な欠点までは操作出来ないという事だ。いくら科学技術が進歩しても、遺伝子の優劣が人間の優劣まで決めることは出来ない。そんな勇気を与えてくれる傑作である。
映画トップ