lecca


LOVE SONG、応援ソング、アッパーなダンスホールなど
様々なleccaの魅力が詰まったフルアルバム!!


「Step One」lecca
DVD付 ¥3,500 (税込)
http://www.avexnet.or.jp/lecca/index.html
資料提供/cutting edge




 自己嫌悪になったりすることも多いけど、自分に与えられた「贈り物」のような才能があるって言うことを気付かせてくれる応援ソング「gift」、仲間との絆を歌った「ファミリア!」、好きな相手への想いをストレートに表現したHAPPY LOVE SONG「Right Direction」をはじめとして、LOVE SONG、応援ソング、アッパーなダンスホールなど様々なleccaの魅力が詰まったフルアルバム!!更に、豪華featuringアーティストを迎えたスペシャルソングも収録!!!


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-**-*

 6枚目のアルバムをリリース。出産というこれまでの環境ががらっと変わったなかでのリリースとなった。このアルバムを通して聴いて改めてleccaというアーティストは芯のしっかりした女性だと感じる。



☆1 今回のアルバムにあたって楽曲はどのくらいから書き始めていたのですか?

★1 具体的には2010年暮れごろに書いた楽曲から入っています。「Right Direction」、「gift」、「やるならば」などが割と先行してできていた楽曲だったと思います。



☆2 歌詞は思った時に思った事を書き溜めていくのですか?

★2 歌詞だけは、思ったときに書き留めておかないと消えていってしまって後でノートやパソコンに向かっても全く思い出せなかったりするので、「これをテーマに書こう」と思ったら比較的携帯やノート、手帳にメモするようにはしています。でも、歌詞として書くのはトラックを聴きながら歌を歌いながらにしといて、たいていはテーマを一行とか3.4行くらいでまとめて書いておくだけにします。


☆3 出産して新しい家族が出来た事で物事の考え方が変わったと感じることはありますか?

★3 物事の考え方は変わりませんが、生活が全く変わってしまったのでその中で自分がどういままでと変わらないスタイルで変わらぬペースで音楽を届けてゆけるかが最近の自分のテーマです。ただ自分は既に出産時には32歳で最低限の意味では大人なので、自分がもってきた信念や価値観といったものは基本変わりません。ただ、生活の中での、人生のなかでの優先順位、順番といったものは変わったと思います。自分の趣味や娯楽は一番最後になりました。最初に家族が生き延びること(笑) 炊事洗濯生活に関わる買い物や準備、その次に音楽、家族、音楽、家族、音楽…で隙間はなくなったので世の中の人たちはこんな生活をしてたのか!と正直驚いています。尊敬します。


☆4 今のような芯のある考え方は幼い頃から持っていましたか?これまでの経験の中から培ってきたものですか?

★4 芯はあまり…あるかどうかはわからないのですが、小さな頃から少々穿ったモノの見方をする子だったかもしれません。幼少期に山田詠美さんにはまったからかもしれません(山田詠美先生、ごめんなさい。)人と違うということを楽しむような側面が多々あったかもしれません。ただ私が通っていた中学高校は私なんかより芯のがっちりある女の子ばかりだったので、そこでの刺激や影響もかなりあると思います。


☆5 昔なりたかった職業は何でしたか?またアーティストになろうと思ったきっかけは何でしたか?

★5 小説家、ミュージカル女優さん、国連職員などに憧れました。
そして十代後半 やっぱり音楽をやろうと思い、作詞作曲をやりたくて歌を習い始めました。アーティストになろうというか、メジャーでちゃんとやろうと思ったのは周囲のクラブ系アーティストがみんな頑張り始めたからだと思います。



☆6 10曲目の「ドルチェ」という楽曲は漫画「バンビーノ」から浮かんだそうですが漫画、映画、小説など最近のめり込んだ作品があれば教えて下さい。

★6 2011年は全く、本当に申し訳ないのですが 私は本当は大好きなのですが漫画も映画も小説もひとつも新しくインプットできませんでした。「パイレーツ?オブ?カリビアン」も観てない、ホラー小説大賞もチェックしてない、漫画も何故か昔からの古い少年漫画しかうちには並んでいない…。出産前にしきりに読んでいたのが「バンビーノ」や「アイアムアヒーロー」、「進撃の巨人」などでした。「ハンターハンター」も好きです、が 青年漫画がやっぱりすごいと思うので無限の住人とベルセルクははずせません。小説は山田詠美さんと恒川光太郎さん、平山夢明さんが好きです。映画は…ほんとに観たいです。いま狙ってるのは「バットマン」の新作です。


☆7 これまでの人生でのターニングポイントを教えて下さい。

★7 むちゃくちゃいっぱいあります、大学2年でUCLAに留学したこと、卒業で海外にいったこと、帰ってきてもりもり歌い始めたこと、事務所をやめていまのエイベックスディレクター柳さんにお世話になったこと。


☆8 読者に一言お願いします。

★8 聴いたひとが一歩でも前に進めるように、最初の一歩 “ステップワン”、という意味でこのタイトルにしました。色んなタイプの楽曲が入っていますが、どれも聴く人の背中を押せるような元気や勇気の出るメッセージを込めたつもりです。これを聴いて少しでも、聴いてくれたひとが前向きになれるような行動を起こしてゆけたらいいなと思います。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

●アーティストプロフィール●
2000年シンガーとして、渋谷asia、VUENOS、池袋BED、横浜BRIDGE、PURE、六本木COREなどを中心に、レギュラー・イベントを含め、多数出演。2006年8月23日にメジャー・デビュー・フルアルバム『URBAN PIRATES』をリリース。2008は全国の大型野外フェスにも毎週のように出演し、野外フェスの"顔"に名を連ねる。2010年7月には5枚目となるフルアルバム『パワーバタフライ』をリリースし、自身最高位となるオリコンチャート2位を記録。9月から2度目の全国ツアーを開催し1万5000人を動員した。3/28の大阪を皮切りに全国ツアースタート。5/6には日本武道館公演が決定。

http://www.avexnet.or.jp/lecca/index.html
(別ウィンドウが立ち上がります。)
音楽トップ