りんごの季節がやってきました。


  この季節、果物屋さんの店先がパッと明るくなる。鮮やかなりんごの赤。
  「これぞ!」という1個を厳選して買い物かごへ。
  ずっと眺めていたいような艶やかな赤。
  今すぐ食べたいような甘酸っぱい匂い。
  決して高価なものじゃないのに、りんごを手に入れたときのウキウキ感は
  きっと老いも若きも変わらないんじゃないかな?


焼きりんごの作り方


焼きりんご

あつあつで頂いてもよし、冷蔵庫で冷やしてもよし。 アイスクリームや生クリームとの相性もバツグンです。

<作り方>(1人分)
@砂糖15gとシナモンパウダー適量を合わせて、シナモンシュガーを作っておく。
Aりんご1個を洗い、焼いたときの爆発防止のため表面全体に竹串で穴を開ける。
Bりんごの上部をカットして、底に穴をあけないように注意しながら、芯をスプーンなどでくり抜く。
C芯の穴の中にシナモンシュガー、バター10g、ラム酒少々を入れて、りんご上部で蓋をする。 りんごが安定しないようであれば、底部をカットすると良い。
D焼いている途中で煮汁が出るので、耐熱皿にのせるかアルミ箔などを下に敷き、180℃のオーブンで40分〜1時間焼く。
りんごジャムの作り方


りんごジャム

温めて直して豚のソテーなんかに添えても美味しい。クリスマスのおもてなし料理としてもGood!

<作り方>(600g)
@りんご3〜4個は水洗いして、皮を剥き4つ割りにして芯を取り除く。
A適当な大きさのせん切りにし、変色を防ぐために塩水につける。
B鍋にりんご(皮を剥き、芯を取ったもので500g)と砂糖200gとレモン汁大さじ4を入れ、1時間ほどおいておく。
Cりんごから水分が出てきたら、水あめ100gを加えて火にかける。
Dりんごに砂糖がしみ込んで透明になるまで煮詰める。 ※全体の重量が600gになったところが目安。
E火を止める少し前にシナモンパウダー少々を加える。
F熱いうちに瓶に詰め、しっかりと蓋をする(※脱気殺菌)。冷めてから冷蔵庫に保存する。
りんごティーの作り方


りんごティー

フレッシュフルーツを使ったフルーツティーは、見た目も香りも段違い。オレンジやマスカットなど、季節のフルーツで試してみて。

<作り方>(2人前)
@りんご1/8個は芯を取り、皮つきのまま薄切りにする。 砂糖小さじ2、好みのリキュール小さじ1をまぶす。
Aカップに紅茶を注ぎ、@とあればミントの葉を浮かべる。
レシピトップ