春の食材・新芽のお料理三種


春らしい香りとほろ苦さは、 季節がくれたいっときの楽しみ 。
ふきのとうの旬は2〜3月(雪国では4〜5月)です。
摘みたてをシンプルに天ぷらで楽しんだ後は、お味噌に絡めてふきのとうみそに。
春の香りを長く楽しむ奥の手です。炊き立てのご飯に合うのはもちろんのこと、調味料としても重宝しますよ。


春の新芽 春野菜
ふきのとうのおひねりの作り方


ふきのとうのおひねり

<材料> (4人分)
・ふきのとうみそ…大さじ1と1/2 ・モッツァレラチーズ…100g ・シューマイの皮…20枚 ・揚げ油…適宜
<作り方>
@モッツァレラチーズは水気を軽くきって、20等分に切る。
Aシューマイの皮のまわりに水をつけ、@のモッツァレラチーズ1切れとふきのとうみそ少しをのせて包む。皮を破かないように注意してひねり、水をつけた端はしっかりと閉じる。
B揚げ油を180℃に熱し、シューマイの皮が色づく程度に香ばしく揚げる。
ふきのとうみその作り方


ふきのとうみそ

<材料>
・ふきのとう…8個 ・ごま油…大さじ2 ・みそ(麦みそ、赤だしみそ、信州みそなど)…約1/2カップ ・砂糖(お好みで)…小さじ1

<作り方>
@ふきのとうは洗って水気をふき、乾いた包丁で手早く粗みじんに切る。
A鍋にごま油を熱してふきのとうを入れ、中火弱でしんなりするまで焦がさないように炒める。
BAにみそを加え、十分に熱くなるまで練り混ぜる。味見をして、お好みで砂糖を加え、よく混ぜてから火を止める。
<保存>清潔な保存びんに詰め、冷蔵庫で保存。2〜3ヶ月は保存可能。
たらの芽の天ぷらの作り方


たらの芽の天ぷら

<材料> (4人分)
・たらの芽…8個 ・卵…1個 ・水、小麦粉…適宜 ・揚げ油…適宜

<作り方>
@たらの芽は洗って水気をふく。
Aボウルに卵を割りほぐし、水、小麦粉を加えて、天ぷらの衣液を作る。
B揚げ油を熱し、Aにくぐらせたタラの芽を揚げる。
C皿に盛り、あら塩(分量外)を添える。
レシピトップ