いちじくのお料理三種


いちじくは無花果と書きますが…
実はいちじく、実を割った中に小さな粒粒がぎっしり詰まっていて、この一つ一つがいちじくの小さな花なのです。




いちじくムース

ドライいちじくは果実に包まれたいちじくの花もドライフラワーになっているということ。
淡白さと濃厚さをゆったり楽しめる贅沢なデザートです。

<材料> (3〜4人分)
・ドライいちじく…50g ・グラニュー糖…40g ・水…100ml ・赤ワイン…100cc ・生クリーム…200cc
・ゼラチン…10g ・飾り用の生いちじく…1〜2個 ・飾り用ミント…少々

<作り方>
@グラニュー糖、水、赤ワインを鍋に入れて沸騰させ、ドライいちじくを入れて煮る。
A弱火で煮て、ドライいちじくがふっくらしてきたら火からおろす。粗熱がとれたらミキサーにかけていちじくペースト作る。
Bゼラチンを溶かし、いちじくのペーストに少しずつ混ぜ合わせる。(お好みの濃さで)
C生クリームを7分立てする。
Dいちじくペーストに生クリームを加え混ぜる。
Eグラスに入れて冷蔵庫で冷やす。
F食べる時に上に皮をむき、スライスしたいちじくとミントを添えて。



いちじくの揚げ出し

いちじくは不老長寿の果実と呼ばれるほど栄養価が高く、
カリウムとペクチンも豊富でタンパク質を分解する酵素も含むので二日酔いにも有効。
揚げ出しなんて意外ですが、ぜひ天つゆで他のお野菜と一緒にどうぞ。あつあつトロリとしたいちじくの揚げ出しがたまりません。

<材料>(2〜3人分)
・いちじく…3〜4個 ・茄子…2個 ・みょうが…3〜4個 ・ししとう…6個 ・小麦粉…大さじ3〜4 ・片栗粉…大さじ3
・だし汁…200ml ・しょうゆ…大さじ4〜5 ・みりん…大さじ3〜4 ・塩…少々

<作り方>
@いちじくはくし切りにして、変色しないように塩水につける。
A茄子は乱切りにして水にさらしてアク抜きする。ししとうは破裂しないように包丁の先で刺す。
Bみょうがは千切りしたら水にさらして水気をよく切る。
C天つゆ作り。鍋にだし汁、しょうゆ、みりん、塩を煮立たせる。ボウルに小麦粉、片栗粉を入れて冷水でのばし、衣を作る。
Dいちじくに衣をつけて、180℃の油でサッと揚げ、その他の野菜も揚げる。
E器に盛りつけて天つゆをかけ、みょうがを飾る。



いちじくとスモークサーモンのパスタ

いちじくはチーズやハムなどと一緒に、食事として美味しくいただるフルーツです。
そこでちょっと珍しいいちじくのパスタはいかがでしょうか?ソースの甘酸っぱさとしょうゆの和風味にいちじくがよく馴染みます。

<材料> (2〜3人分)
・いじちく…3〜4個 ・スモークサーモン…5〜6切れ程度 ・イタリアンパセリ…1パック ・玉ねぎ…1個 
・粗挽きこしょう…適量 ・塩…小さじ1/2 ・はちみつ…大2 ・オリーブオイル…大さじ4 ・しょうゆ…大2 
・白ワインビネガーまたはバルサミコ…大さじ5 ・パスタ…人数分 

<作り方>
@調味料関係をすべてボウルに入れてソースを作る。いちじくは皮をむいて適当な大きさに切ってソースに入れてマリネする。
Aいちじくがしんなりしたら形崩れ防止のため取り出し、次に玉ねぎをスライスしてソースに加えてしんなりさせる。
Bパスタを茹でて水で冷やし、締める。
CAにBを加え入れ、半分に切ったスモークサーモンと洗ってざく切りしたイタリアンパセリを加え混ぜ合わせる。
D器に盛り、いちじくを飾って召し上がれ。

レシピトップ