出来合いのものよりも、
自分で丁寧に作ったものの方がおいしい。
それはお酒だって一緒です。


  季節のおいしい味をアルコールで熟成させる。
  びんの中で氷砂糖がカランと溶ける毎に、フルーツの旨みがじんわり染み出る…果実酒はそんな風にしてできるのです。
  しっとりした夜のために、棚の奥にそっとしまっておきましょう。
  私の、とっておきのお酒たち。


果実酒 びわ酒の作り方


びわ酒

びわは少し高価ですが、とてもおいしいのでぜひ試してみて。
ブランデーで漬けてもおいしい。

<材料>
・びわ…1kg(黄熟したもの) ・レモン…4個・氷砂糖…100g  ・ホワイトリカー(35度)1.8L ・貯蔵びん…1個(4Lびんが良い)

<作り方>
@貯蔵びんをきれいに洗って、乾かしておく。洗った後、ホワイトリカーを染み込ませたキッチンペーパーなどで拭いてから乾かしてもよい。
Aびわをよく水洗いします。実をつぶさないようにやさしく洗う。
BAのびわをキッチンペーパーなどでよく拭いて乾かす。
Cレモンの皮をむき、白いわたを取り除いて、実だけ3〜4等分の輪切りにする。
D@のびんに、びわと輪切りにしたレモンと氷砂糖を交互に入れる。びわは皮をむいたり切ったりせず、丸ごと入れる。びわを傷つけないように注意。
Eホワイトリカー(またはブランデー)を静かに注ぎ、しっかり密閉する。
F日の当たらない涼しい場所で保存する。たまにびんを廻して、氷砂糖を溶かします。2ヶ月でレモンを取り出し、1年でびわを取り出す。それぞれの実を取り出すときに、実のかすや種をこします。3ヶ月くらいで良い香りが出てきますが、1年以上置くとさらにまろやかにおいしく。

果実酒 夏みかん酒の作り方


夏みかん酒

ビタミンCたっぷりですので、美容や疲労回復に効果が!

<材料>
・夏みかん…1kg(4〜5個) ・レモン…4個・氷砂糖…200g ・ホワイトリカー(35度)…1.8L ・貯蔵びん…1個(4Lびんが良い)

<作り方>
@貯蔵びんをきれいに洗って、乾かす。洗った後、ホワイトリカーを染み込ませたキチンペーパーなどで拭いてから乾かしても良い。
A夏みかんをたわしでよく水洗いする。水気をよく拭き、皮をむく。このとき、白いわたをできるだけ取り除き、実は2つに輪切りにする。2個分の皮も白いわたを取り除き、2センチ幅くらいの短冊に切っておく。
Bレモンの皮をむき、白いわたを取り除いて、実だけ3〜4等分の輪切りにする。
Cびんに夏みかんと夏みかんの皮、レモン、氷砂糖を交互に入れる。
Dホワイトリカーを静かに注ぎ、しっかり密閉する。
E日の当たらない涼しい場所で保存する。たまにびんを廻して、氷砂糖を溶かす。皮は1週間くらいで取り出す。実は2ヶ月で取り出し、実のかすや種をこす。皮を漬け過ぎると苦くなりますので注意。3ヶ月程度で熟成。
レシピトップ