美味しくヘルシーに、こんにゃくパーティー


 「野を見れば、春めきにけり青葛 こにやく(こんにゃく)ままし 若菜摘むべく」 (拾遺和歌集)

  こんにゃくは、サトイモ科の多年生植物で、原産地はインドシナ半島。
  こんにゃくが庶民の食べものとなったのは江戸時代から。
  鎌倉時代の高野山文書には、仏様の供物にしたという記録があり、
  室町時代には「糟鶏」と呼んで間食に食べられるなどした、高級食材だったのです。


こんにゃく五目ご飯の作り方


こんにゃく五目ご飯

<材料>(4人分)
・米…2と1/2カップ ・ちりめんじゃこ…30g ・こんにゃく…1/2枚・にんじん…40g ・ごぼう…50g ・酒…大さじ3 ・しょうゆ…大さじ1と1/3 ・塩…小さじ1/2 ・水…酒、しょうゆ、塩と合わせて、米の1.5倍量 ・春菊…70g ・紅しょうが…適量

<作り方>
@米を洗い、ざるにあげて、1時間ほどおく。
Aちりめんじゃこはさっと洗って、水気をきる。
Bこんにゃくは3cmの長さの千切りにし、下茹でする。にんじんも3cmの長さの千切りにする。
Cごぼうは、皮をそいで細いささがきにし、薄い酢水にさらしてあくを抜いた後、ざるにあげ、水気をきる。
D炊飯器に、酒、しょうゆ、塩、水を入れ、@〜Cを加えて軽くまぜ、普通に炊く。
E春菊は、塩ゆでをして水にさらし、よく絞ってから粗みじん切りにする。
FDが炊き上がったらEを混ぜ、器に盛って、紅しょうがを飾る。
こんにゃくみそ田楽の作り方


こんにゃくみそ田楽

<材料>(4人分)
・板こんにゃく…2枚 ・白みそ…200g ・赤みそ…100g ・酒…大さじ2・砂糖…大さじ9 ・みりん…大さじ1 ・しょうゆ…大さじ1/小さじ2 ・だし汁…大さじ4 ・ねり辛子…小さじ2 ・木の芽…ひとつかみ ・七味唐辛子…適量

<作り方>
@こんにゃくは長方形に切り、熱湯で下ゆでしておく。
Aこんにゃくを串に刺して焼き、お好みのみそをぬり、再びさっと焼いて盛りつける。

◆唐辛子みそ…白みそ100g、みりん大さじ1、しょうゆ大さじ1、砂糖大さじ3を鍋に入れ、中火で練ります。火からおろして、七味唐辛子を加える。
◆木の芽みそ…白みそ100g、酒大さじ1、だし汁大さじ2、砂糖大さじ2を鍋に入れ、中火で練ります。木の芽ひとつかみをすり鉢ですり、火からおろしたみそに加える。
◆辛子みそ…赤みそ…100g、酒大さじ1、だし汁大さじ2、砂糖大さじ4、しょうゆ小さじ2を鍋に入れ、中火で練ります。火からおろして、ねり辛子小さじ2を加える。
こんにゃくみぞれ汁の作り方


こんにゃくみぞれ汁

<材料>(2人分)
・こんにゃく…100g ・油…小さじ1と1/2 ・きくらげ…3個 ・おろし大根…70g ・だし汁…1と1/4カップ ・しょうゆ…小さじ2/3 ・塩…小さじ1/6 ・ごま油…小さじ1/3 ・こしょう…適量

<作り方>
@こんにゃくはスプーンで1cm角くらいに切り、下ゆでする。
Aきくらげは水でもどし、細切りにする。
B鍋に油を熱し、こんにゃくを入れて炒りつける。全体に油がまわったら、だし汁ときくらげを加え、煮立ってきたら塩としょうゆで調味し、おろし大根を加える。
Cひと煮立ちしたらごま油を加えて火を消し、こしょうをふり混ぜ、器に盛る。
レシピトップ