秋に食べたい栗料理を作ってみました。

 秋の旬の食材は、栗!
 栗を使って3種類のお料理に挑戦してみてください。



栗ご飯

秋の到来を告げる旬の栗をゴロリとそのままご飯で楽しめて、おにぎりにして戸外で食べても気持ちがほっこり。
新米なら餅米を加えなくとももちっと美味しい仕上がりに。古米ならほんのちょっぴりのお醤油をたらして炊くと風味UP。
 
<材料>(4〜5人前)
・栗…15〜20個・米…2・2/3カップ・もち米…1/3カップ・塩…小さじ1・酒…大さじ2・みりん…小さじ1
・だし昆布…5×5・を1枚・黒いりごま…少々

<作り方>
@栗の下準備。沸騰したお湯に栗を入れて3分茹でたら火を止めておく。湯が冷めたら栗の皮を渋皮ごとむく。
(皮をむいた栗はすぐに水に入れてあげると色が変わらないので、たっぷりの水にさらしておく。)
A米をとぎ、水切りして内釜に入れる。酒、みりんを入れてから普通に水加減をし、塩を加え混ぜて栗を入れて、昆布を入れる。(できれば、炊く30分〜1時間前にやっておくと美味しく炊ける。)
B酒、みりんを入れてから普通に水加減をし、塩を加え混ぜて栗を入れて、昆布を入れる。
C炊きあがったらさっくりと混ぜて、器に盛ったら黒ごまをふりかけていただく。


マロンスープ
舌触りがなんともいえない個性的な栗のスープ。甘栗を使うので下準備があまり必要無く、
お好みでさつま芋やジャガ芋を少し入れてもOK!甘栗の素朴な甘さがなんともいえないオススメレシピ。


<材料>(4人前)
・甘栗…200〜250g・玉ねぎ…1個・バター…10g・コンソメスープ…450ml・牛乳…90ml・生クリーム…90ml
・塩…少々・コショウ…少々・トッピング用甘栗…適量 
 
<作り方>
@鍋にバターを熱し、みじん切りした玉ねぎを炒める。
Aコンソメスープと甘栗を加えて、甘栗が柔らかくなるまで煮る。煮えたら火を止め、少し冷めたらミキサーにかける。
B再び火にかけて牛乳と生クリームを加えて塩、コショウで調味する。
C器に盛って甘栗を飾って出来上がり。


栗のパルフェ


途中で混ぜ合わせなくてもOKなので、ちょっとしたパーティやお茶会に面倒なく作れる旬なデザート。
ラム酒が栗とよく合うリッチな大人のスウィーツは、秋の夜長の素敵なおもてなしの1品に。

<材料>(4〜5人前)
・マロンペースト…100g・生クリーム…200ml・卵黄…2個・グラニュー糖…40g・栗の渋皮煮または甘栗や焼き栗…10粒
・ラム酒…大さじ1程度(お好みでさじ加減)

<作り方>
@火の通った栗をみじん切りにしておく。
Aボウルにマロンペースト、グラニュー糖、卵黄を入れて白っぽくなるまで泡立て器でよく混ぜる。
B泡立て器が重くなったら、栗とラム酒を加えて混ぜる。
C別のボウルに生クリームを泡立て、角がぴんと立つまで硬く泡立てたら、ゴムベラで全部混ぜ合わせる。
Dバットに流し入れて、冷凍庫で5〜6時間冷やし固める。固まったら器に盛って。
     
レシピトップ