懐かしいけど目新しい、我が家の新定番メニュー。


    いつものメニューをひと工夫したら、大人も子供も笑顔になります。
    「これ面白いね」「へぇ、こんな食べ方あるんだぁ」。けして豪華ではなく凝ってもないけれど、心が温かくなるごはん。
    自然と会話も増えて、食卓の楽しさはこんなところにあるのかもしれません。



山いもの味噌汁の作り方


山いもの味噌汁

ごまは包丁で細かく切り「切りごま」にすることで、いっそう風味が引き立ちます。ごまと一味唐辛子の香りをプラスして、いつもの山いもの味噌汁を少し大人好みに。

<材料>(4人分)
・だし・・・600ml ・味噌・・・大さじ2~3(淡色のものと白味噌は同量) 
・山いも・・・長さ5センチくらい ・白切りごま、一味唐辛子 各少々

<作り方>
@ 山いもの皮をむいて細切りにする。
A 温めただしに山いもを入れてひと煮立ちさせる。
B 火を弱め、味噌をといて入れる。
C 火を止めて椀に盛り付けたあと、切りごまと一味唐辛子をふっていただく。

里いもの味噌汁の作り方


里いもの味噌汁

互いの甘みを引き立て合う里いもと白味噌は、昔からのゴールデンコンビ。
ゆずの爽やかな味わいを添えていただきます。

<材料>(4人分)
・だし・・・600ml ・味噌・・・大さじ2~3(白味噌2、淡色のもの1の割合) 
・里いも・・・中2個 ・ゆずの皮 少々

<作り方>
@ 里いもの皮をむき、厚み1cm程度の輪切りにする。
A だしの中に里いもを入れ、里いもがやわらかくなるまで火を通す。
B 里いもがやわらかくなったら火を弱め、みそをといて入れる。
C 火を止め、盛り付けた上にゆずの皮を添える。
じゃがいものすりおろし味噌汁の作り方


じゃがいものすりおろし

じゃがいもで作ったお団子は子供も喜ぶ楽しい具材。小麦粉の量を調節することでお団子のかたさを変えられます。少なめにするとやわらかいお団子に。

<材料>(4人分)
・だし・・・600ml ・味噌・・・大さじ2~3(淡色のもの2、白味噌1の割合) 
・じゃがいも・・・中1個 ・小麦粉・・・大さじ1〜3 ・バター、とけるチーズ、
万能ねぎ 各少々

<作り方>
@ じゃがいもをすりおろし、ざるにとる。軽く水けをきったあと、小麦粉と混ぜ合わせる。
A あたためただしに、@をスプーンですくってひと口大の団子状にしながら落としていく。3〜4分ほど火を通したら、火を弱め、味噌をといて入れる。
B 火を止め、椀に盛り付ける。万能ねぎ、バター、チーズを散らすように加える。
レシピトップ