お味噌を使っていろいろなお料理に挑戦!

お味噌のレパートリーを増やすお料理を3種類作ってみました♪



味噌りんごドレッシングのスプラウトサラダ

味噌とりんご、実はとっても好相性。煮込んで、スティックサラダのディップにして食べても良いし、ジャムを作ってスープやカレーの隠し味にもおすすめ。このレシピでは、りんごをすりおろしたドレッシングが新鮮なうちに召し上がれ。
かいわれ類の辛味とドレッシングの甘みがさっぱりとしたサラダです。

<材料>(4人前)
・りんご…1個 ・エシャロット…2〜3個 ・味噌…大さじ2 ・ワインビネガー…大さじ1 ・オリーブオイル…大さじ2 
・塩、こしょう…適宜 ・粒マスタード…大さじ1 ・砂糖…小さじ1 ・レタス7〜8枚 ・かいわれ大根…1パック 
・スプラウト類…そばやブロッコリー、おくらなど2〜3種類 ・ラディッシュ…3〜4個


<作り方>
 @りんごをすりおろして、エシャロットをみじん切りにする。調味料を全部加えてドレッシングを作る。
 Aレタスを冷水で洗い、水気をしっかり切って器に敷く。
 Bかいわれ大根とスプラウト類を水洗いし、水気を切って器に盛る。
 Cドレッシングをたっぷり盛り、最後に半分に切ったラディッシュを飾る。


焼き茄子のヨーグルト味噌

たまにはこんな、サラダのようなデザートのような焼き茄子もどうぞ。焼き茄子の香ばしさやほのかな甘さを残しつつ、ヨーグルトと味噌でより一層まろやかな風味に。実は焼き茄子は、熱々また冷やしでいただく時も、冷水にとらないことが美味しさのコツ。

<材料>(4人前)
・茄子…4個 ・みじん切りしょうが…小さじ1 ・おろしにんにく…小さじ1 ・ヨーグルト…100cc ・味噌…大さじ1〜2
 ・クミンパウダー…適宜 ・オリーブオイル…大さじ1 ・粒こしょう…7〜8個 ・柑橘類(レモンやライムなど)…お好みで

<作り方>
@茄子同士をぽんぽん叩き、ヘタの部分にくるっと包丁で切込みを入れる。
 破裂防止に、茄子の中心に菜箸を差し込んで穴をあける。
A茄子の表と裏をじっくり焼き、水につけずに、皮をむく。
Bヨーグルトに味噌、クミンパウダー、しょうが、にんにくを加えて、さらに茄子を混ぜ合わせる。
C器に盛ったらオリーブオイルをかけて、粒こしょうを飾り、柑橘類を切って添えれば出来上がり。


山芋と味噌のふわふわ焼き

カリッと焦げ目のついた焼き加減にフワフワの食感が絶妙。相性のいい味噌バターが山芋と溶け合います。生地といい、ねぎと言い、かつおぶしと言い、見た目も、まるでもんじゃ焼きのようなのでぜひフライパンから直接、フウフウしながらつつきましょう♪


<材料>(4人前)
・山芋…10cm ・味噌…大さじ1/2 ・水…100cc ・小麦粉…大さじ3 ・卵…1個 ・ねぎ…3本 ・バター…大さじ1 
・しょうゆ…適宜 ・かつおぶし…適宜

<作り方>
@山芋を擦りおろし、味噌は水で溶いて味噌汁を作る。 
A味噌汁に小麦粉を加えて溶き、卵と山芋も加える。
Bねぎを小口切りにする。
C小さめのフライパンでバターを熱し、生地を流し入れて蓋をし、蒸し焼きにする。
D焼けたらしょうゆ、ねぎ、かつおぶしをトッピングして、フライパンからそのままいただきましょう。
レシピトップ