人参が主役のお料理と初夏の野菜を使ったお料理


  人参を主役にしたお料理を作ってみました。
  初夏の野菜をたっぷり使ったちらし寿司もいかかでしょうか。





人参と林檎のポタージュ

人参と林檎で、ほんのり甘酸っぱいポタージュスープができました。
素材の組み合わせがとっても良い相性なので、人参も林檎ももっとたっぷり入れたい方はぜひどうぞ。
また、牛乳が気になる方は豆乳でも美味しくいただけます。

<材料>(3〜4人前)
・人参…1.5本 ・林檎…1.5個 ・じゃがいも…1個 ・玉ねぎ…1個 ・バター…20g ・ローリエ…1枚 
・コンソメの素…1個  ・牛乳…400cc  ・生クリーム…大さじ5〜6

<作り方>
@野菜と林檎は全てスライスする。鍋にバターを熱し、人参1本分、林檎、じゃがいも、玉ねぎをよく炒める。
  残りの人参は最後に飾るので、やはりスライスして茹でておく。
A玉ねぎに火が通ったらひたひたに水を加えて、ローリエとコンソメの素も加えて煮る。
B具が柔らかくなったら、ローリエを取り除いてミキサーにかける。
C鍋に戻して牛乳を加え、塩で味を整える。
D器に注いで、生クリームを垂らしかけて人参を飾る。



人参スコーンのトマトジャム添え

すりおろした人参はとても甘く、野菜のスコーンとは思えないくらい。
スコーンもトマトのジャムもビタミンカラーでとてもきれいです。
スコーンはササッと作れてしまうので、ブランチやおうちカフェに思い立ったらおすすめ。

<材料>(4人前)
・人参…1本 ・強力粉…80g ・薄力粉…90g ・ベーキングパウダー…小さじ2 ・砂糖A…大さじ3 
・バター…80g ・塩…少々 ・生クリーム…1カップ ・砂糖B…大さじ1〜2 
・中玉トマト…5〜6個 ・黄トマト…2パック程度 ・砂糖C…1/2カップ ・レモン汁…大さじ2

<作り方>
@ボウルに強力粉、薄力粉、ベーキングパウダー、砂糖A、塩をふるい入れて、1cm角に切ったバターを加えて手ですり混ぜる。ぽろぽろとしてきたら人参をすりおろして加え混ぜる。一つにまとめてラップに包み、冷蔵庫で30分〜1時間ねかせる。
Aトマトジャムを作る。加熱してトマトの皮をむく。荒くみじん切りにして鍋に入れ、砂糖Bとレモン汁を加えて煮詰める。
B生クリームをホイップする。途中で砂糖Cを加えて好みの固さに。
C生地を冷蔵庫から出して、1〜1.5cmの厚みにのばしてスコーンの型を取る。
D200℃で予熱したオーブンで、170℃程度で13〜15分焼く。
E焼き上がったら、生クリームとジャムを添えて。



春野菜のちらし寿司

菜の花、ふき、絹さや…そこに卵をちらして、甘酢しょうがはお好みで。
青い野菜が中心ですが、これがなんともくせになりそうな味のお寿司です。
春の原っぱみたいでとても若々しく、素朴なちらし寿司は、盛りつけも楽しいですよ♪

<材料>(4人前)
・菜の花…1束 ・絹さや…1パック ・ふき…1本 ・卵…3〜4個 ・砂糖、塩…少々 ・だし汁…1カップ程度 
・米…2合 ・だし昆布…1枚 ・酢…1/4カップ ・砂糖…大さじ2 ・塩…小さじ1 ・炒りごま…大さじ1 
・甘酢しょうが…3〜4片

<作り方>
@米は昆布を入れて固めに炊く。
酢、砂糖、塩で合わせ酢を作り、米が炊けたら熱いうちにしゃもじで切るように混ぜ合わせて、炒りごまとみじん切りにした甘酢しょうがを大さじ2程度加えて混ぜ合わせて酢飯を作る。
A残りの甘酢しょうがはスライスしておく。 
B菜の花を半分に切って塩茹でし、冷水にとった後水気をしぼり、2cmの長さに切る。
Cふきはまな板に塩をふってもみ込み、擦る。
だし汁で茹でて冷水にとった後水気を切り、斜めにそぎ切りして塩を加えただし汁に浸しておく。
D絹さやは洗ってへたを取り、鍋でさっと色が変わる程度茹でる。
E卵に砂糖、塩を加え入れて混ぜ、油を使わずに弱火で炒り卵にする。
7器に酢飯を盛り、菜の花、ふき、絹さや、卵、スライスした甘酢しょうがを飾る。
レシピトップ