春爛漫。桜を満喫するレシピ。


  日本には古くから四季の訪れを味わう風習があります
  なかでも春の桜は心待ちにされ、それを楽しむ気持ちは格別なもの。
  「桜の花の塩漬け」は保存と応用がきく食材です。今回紹介した以外でも、塩抜きしてパウンドケーキやクッキーに、
  また、払い落とした塩も使っておにぎりにと、いろいろに利用して桜の季節を楽しんで下さい。


桜の花の塩漬けの作り方


桜の花の塩漬け

桜の種類は、花びらの数が多い八重桜が向きます。7分〜8分くらいのつぼみを使うと、扱いやすく仕上がりもきれい。すべての作業を、花を傷つけないように丁寧にやさしく行うことが大切です。

<材料>
・桜の花・・・100g ・粗塩・・・20〜30g ・白梅酢(または米酢)・・・大さじ2〜3  ・仕上げのための粗塩 適量

<作り方>
@摘んだ桜の花を一輪、または小房の扱いやすい大きさに分ける。容器に水を張り、分けた桜の花を振り洗いする。
A桜の花の水けをキッチンペーパーなどで取り、ボウルに入れて塩をまぶす。ときどき上下を返し、一晩おいて塩が溶けるのを待つ。
B一晩たったら、おもしの乗せやすい容器に桜の花を移す。移し終わったら表面にラップを張り、桜の重量と同じくらいのおもしをする。そのまま1〜2日おいて、アクと水分を出し、塩をなじませる。
CBの容器に水が上がってきたらその水を捨て、白梅酢を注ぎ入れる。そのまま2〜3日おいて酢をなじませる。
D桜の花に色が出てきたら容器から取り出し、水けをとる。あらかじめ塩を敷いておいたバットの上に桜の花を並べ、仕上げの塩をまぶす。
EDを密閉できる容器に詰める。煮沸消毒した瓶など、清潔な容器を使えば常温の日陰で1年は保存ができる。冷蔵庫なら色あせしにくい。







桜ときすのお吸い物の作り方


桜ときすのお吸い物

花がやわらかくなりすぎないよう、桜を入れてからは汁を煮立たせないように気をつけて。

<材料>(4人分)
 ・桜の花の塩漬け・・・4〜8輪 ・きす・・・4尾 ・だし汁・・・31/2カップ ・酒・・・少々 ・薄口しょうゆ・・・適量

<作り方>
@きすは酒をふり、湯引きして椀に入れる。
A鍋のだし汁をあたため、塩を落とした桜の花の塩漬けを入れる。塩けを味見して、薄口しょうゆを加減しながら加える。
B@の椀にAを注ぎ入れる。

桜のおこわの作り方


桜のおこわ

食紅を少し入れて炊いたもち米は、やさしい桜色になります。心までほんのりと桜色に染まりそうな、春らしい一品。家族のお祝い事やおもてなしにもどうぞ。

<材料>(4人分)
・桜の花の塩漬け・・・12〜16輪 ・さわら・・・4切れ ・もち米・・・2合(360cc)  ・水・・・1カップ強(215cc) ・食紅・・・少々

<作り方>
@桜の花の塩漬けの塩を振り落とし、その塩をとっておく。
A塩を落とした桜の花を分量の水に30分ほどつけて塩抜きし、花を壊さないように水けをしぼる。
 塩抜きで使った水に食紅をほんの少し加え、薄く色をつける。
B洗ったもち米をたっぷりの水につけ、2時間以上おく。
CAをざるに上げて水けをきり、耐熱ボウルに入れてAの水を加える。
 ラップをふんわりとかけ、電子レンジで加熱する(500Wの場合で約15分)。
D加熱が終わったら電子レンジから取り出し、全体を混ぜる。
Eさわらは@でとっておいた塩をまぶして下味をつける。1切れを2、3等分し、グリルでこんがりと焼く。
Fおこわを器に盛り、桜の花とさわらをあしらう。
桜の花のデザート ワインゼリーの作り方


ワインゼリー

真紅のゼリーは目を奪われる華やかさ。おもてなしやおやつに出せば、大人も子供も心を弾ませます。子供やアルコールが苦手な人へは、ワインを少なめにし、さらに一度煮立たせてアルコール分をとばしてからゼラチン液と混ぜるようにすると食べやすくなります。

<材料>(6〜8人分)
・桜の花の塩漬け・・・12〜16輪  ・A(粉ゼラチン・・・10g 水・・・1/2カップ) ・水2カップ 砂糖・・・大さじ5 ・ポートワイン・・・11/2カップ  ・レモン汁・・・大さじ2 ・サラダ油・・・少量

<作り方>
@桜の花の塩漬けを水洗いして塩を落とす。さらに、たっぷりの水に30分ほどつけて塩抜きし、軽く水けをしぼる。
A材料Aの11/2カップの水に粉ゼラチンを振り入れ、ふやかしておく。
B鍋で2カップの沸かし、砂糖を入れて溶かす。砂糖が溶けたら鍋を火からおろし、Aのゼラチンを加えて混ぜながら溶かす。ある程度溶けたらワインとレモン汁を入れて混ぜる。
Cゼリー型にサラダ油をうすく塗り、水にくぐらせる。@の塩抜きした桜の花を入れ、Bのゼラチン液を注ぐ。しばらくそのままおき、粗熱を取る。
D粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて、冷やし固める。
E固まったら型から取り出して器にあける。
レシピトップ