いろいろなお蕎麦を作ってみました。


 時々、無償にお蕎麦を食べたくなったりしませんか?
 そういうときに作ってもらいたい簡単なお蕎麦を3種類紹介します。
 これからの季節にピッタリな温かいお蕎麦なので、作ってみてください。




鴨南蛮そば

“南蛮”の意味にも歴史がありますが、そばに関しては主にネギのことを指すそうです。
鴨肉の脂はさっぱりとしつつもこくがあり、旨味たっぷりで身も心も暖まります。
 
<材料>(2人前)
・そば…200g(2玉) ・鴨肉…120g(スライスしたもので6〜8枚) ・長ネギ…1/2本 
・わけぎや刻みネギ…適量 ・刻みゆず…適量 ・七味唐辛子…適量 

★基本のだし汁…昆布を水に浸す時間が無い時は、たっぷり鰹節を使えば美味しいおだしがとれます。★
・昆布…10cm角1枚 ・鰹節…30g ・水…1200ml(レシピではここから3カップ使う)
・しょうゆ…1/3カップ ・みりん…1/3カップ 

<作り方>
@基本のだし汁を作る。実際にここで使う量は3カップ。レシピでは多めなので、余ったら冷凍したり別の料理に使えば便利。昆布に切込みを入れて水に2〜3時間つける。
A火にかけ、ぐつぐつ沸騰寸前になったら昆布を取り出して沸騰させる。いったん火を弱めてから鰹節を入れ、ひと混ぜしたら火からおろして濾す。
B鴨肉はスライスし、長ネギは3〜4cmの長さに切って縦に四つに切る。
C大きめの鍋にしょうゆとみりんを入れて中火で2〜3分煮て、基本のだし汁を加えてそのまま煮立てる。
D鴨肉と長ネギを煮立てた汁に加えて約5分ほど弱火で煮る。煮立て過ぎると鴨肉の食感が損なわれるので注意!
Eそばをたっぷりの沸騰したお湯でゆで、ゆであがったら冷水にとって軽くもみ、ザルにあげて水気を切る。
F器にそばを盛り、汁をかけて長ネギと鴨肉をのせ、わけぎなどをそえる。お好みで刻んだゆずと七味唐辛子もどうぞ。


カレー南蛮そば
凝りたい場合はカレー粉にターメリックやチリパウダー、シナモンなど好みの香辛料を混ぜて炒ると風味がUP。
片栗粉のとろみは、少し足りないかな?と思うくらいゆるめに。さらっと食べやすくて和風だしとも好相性です。

<材料>(2人前)
・そば…200g ・鶏もも肉または豚バラ…80g ・長ネギ…1/2本 ・温泉卵…2個 
・鴨南蛮そばに表記の基本のだし汁…3カップ ・酒…大さじ1 ・しょうゆ…大さじ1 ・塩…小さじ1 
・カレー粉…大さじ2 ・水溶き片栗粉…大さじ2 
 
<作り方>
@基本のだし汁を作り、カレー粉にだし汁を少しづつ加えてのばす。
A酒、しょうゆ、塩で調味し、味を整える。
B肉を一口大に切り、長ネギを細切りにして半量を肉と一緒にカレー汁に加えて煮込む。
C鍋に水溶き片栗粉を加えてとろみをつける。
Dたっぷりの沸騰したお湯でそばをゆで、ゆであがったら冷水でもみ、ざるにあげて水気を切ったら器に盛る。
Eカレー汁をたっぷりかけ、残りの長ネギと温泉卵を落として出来上がり。


しっぽくそば


季節の野菜を使ってたっぷり具をのせたつゆは、とても身体が暖まるので冬至や年越しに欠かせません。
また、そばのゆで汁には血管を強くして血圧を整えるルチンがたくさん含まれるので、そば湯もぜひいただきましょう。

<材料>(2人前)
・そば…200g ・鶏もも肉…50g ・油揚げ…半枚 ・こんにゃく…半枚 ・椎茸…2枚 ・ごぼう…1/2本
・人参…1/4本 ・大根…1/5本程度 ・長ネギ…1/2本 ・湯通しした三つ葉またはゆでた青菜…適量
・基本のだし汁…3カップ ・しょうゆ…1/3カップ ・みりん…1/3カップ 

<作り方>
@基本のだし汁を作る。別鍋にしょうゆとみりんを煮立てておく。
A肉は一口大に切り、椎茸と三つ葉以外の具材や野菜は短冊切りにする。
Bもも肉、油揚げ、こんにゃく、ごぼう、人参、大根、長ネギをだし汁で煮る。
C具材に火が通ったら、煮立てたしょうゆとみりんで味を整える。
Dそばをたっぷりのお湯で煮る。ゆであがったら冷水でもみ、水気をよく切って器に盛る。
E汁をかけ、具をたっぷり盛る。仕上げに三つ葉など青菜で彩っていただく。
レシピトップ