讃岐うどんをつくろう!
ここでは小麦粉から讃岐うどんをつくる方法をお教えします。


  さぬき(香川県)の代表的なグルメ!さぬきうどん、本場讃岐のうどんは、独特のコシが特徴です。
  さあ、あなたもさぬきうどんを打ってみませんか?



1
材料(4人分)
・中力粉…500g・粗塩…35g・ぬるま湯…215g
作り方
(1)粗塩をぬるま湯(50℃前後)でよく溶かし、250gの塩水を作ります。
2
(2)中力粉をボウルに入れ、(1)を加えて、粉全体に水分がいきわたるようによく混ぜ合わせます。
3
全体がまとまってきたら、手のひらに体重をかけるようにしてよくこねます。
4
(3)(2)がひとまとまりになってきたら、生地を丸めてビニール袋に入れ、中の空気をできるだけ抜いて包み、涼しい場所で30分以上寝かせます。
5
(4)生地の表面がしっとりとし、粉の粒が見えなくなったらビニール袋から取り出し、外側の生地を内側に練りこむようにこねます。生地がきめ細かくなり、ツヤがでてきたら、ビニール袋に入れ、再び20分ほど寝かせます。
6
(5)(4)の生地をめん台(なければ、まな板)に取りだしてさらにこね、生地の表面のキズを押しつぶしてきれいに整え、ビニール袋に入れて20分ほど寝かせます。
7
(6)めん台に打ち粉(分量外)をし、(5)をのせ、手のひらで押しつぶして均等な厚さに丸くのばします。さらにめん棒を使って、生地の上半分は上に、下半分は下にのばします。生地を90度回し、同様に2〜3回繰り返しのばします。(7)(6)の生地を手前からめん棒に巻きつけ、上からめん棒を押さえつけるように体重をかけながら生地をのばします。
8
(10)(9)の生地をめん棒に撒きつけたまま180度回し、一度生地を広げ、再び手前からめん棒に巻きつけてのばしていきます。(11)(9)〜(10)を数回繰り返して生地をのばし、全体の厚さを均等にします。できるだけ四角くなるようにのばしてください。
9
(12)(11)の生地を扇状に折りたたみます。(13)包丁で均等な太さに切り分けます。
10
(14)大きめの鍋に湯(分量外)を沸かし、(13)をほぐしながら入れ、茹でます。よく水をきり、どんぶりにうつして醤油や、つゆでお召し上がりください。
さぬきうどんの作り方
※めん台の代わりにまな板を使用する場合は、(5)の段階で生地を2〜3等分してからねかせてください。
※中力粉がない場合には、薄力粉と強力粉を7:3の割合で混ぜて作ることもできます。
※生地はしっかりとねかせた方がのばしやすいので、時間に余裕があれば、各2時間ほどねかせてください。一晩寝かせても大丈夫です。
※生地を折りたたむときには、生地同士がくっつかないように生地の間にしっかりと打ち粉を振ってください。
レシピトップ