栽培が始まり、日本で一般的に食べられるようになったのは江戸時代のこと。ゆり根は養分が貯蔵されていて栄養豊富。


ゆり根ご飯

滋養強壮、利尿、咳止めなどの薬理効果があるため漢方薬としても用いられています。
 ゆり根をシンプルに一番美味しくいただくなら、一緒に炊くだけのゆり根のご飯がおすすめです。


<材料>(4人前)
・ゆり根…2株くらい ・米…3カップ ・酒…大さじ1 ・塩…小さじ1 ・だし昆布(5cm程度)…1枚 ・梅肉…適量 

<作り方>
@米を洗って、普通の水加減でそのまま30分以上おく
Aゆり根の根部分を切り落としたら、一枚ずつはがし、泥や砂、おがくずをよく洗い落とす。
B米に塩と酒を加えて混ぜる。
Cさらに昆布とゆり根を加えて普通に炊き、蒸らし終わったら切るように混ぜる。
D器に盛って、梅肉を添えていただく。



ゆり根のつくねハンバーグ

つくねですが、ゆり根とぎんなんが入ったら、豪華な和のハンバーグになりました。
 混ぜる時にゆり根をなるべく崩さずに、形を保ったまま作るのがベスト。ゆり根のホクホク感をぜひ味わって。です。

<材料>(4人前)
・ゆり根…1個 ・椎茸…4枚 ・ゆでぎんなん…24粒程度 ・木綿豆腐…2/3丁 ・鶏ひき肉…300gの
・しょうが汁…小さじ2 ・片栗粉…小さじ1 ・塩、こしょう…少々 ・みりん…大さじ2 ・酒…大さじ2 
・しょうゆ…大さじ1 ・だし汁…1カップ ・油…ハンバーグ焼く際に少々 ・刻みねぎ…適量 ・大葉…飾り用に3〜5枚

<作り方>
@ゆり根は1枚ずつはがして、泥やおがくずをよく洗い落とす。大きなものは2〜3等分し、サッとゆでる。 飾りに5〜6片とっておく。
A椎茸は洗って4等分する。
B豆腐は水切りしてからボウルに入れて、鶏ひき肉、しょうが汁、片栗粉、塩、こしょうを加えてよく練る。
Cねばりが出て来たらゆり根とゆでぎんなんも混ぜて、8個分に分けて丸める。(ゆり根とぎんなんを内側に入れて形作ると、焼いた時にハンバーグが割れにくい。)
Dフライパンに油を熱し、練って丸めたハンバーグを焼く。  
E椎茸も一緒に焼く。椎茸は火が通ったらフライパンからあげる。
Fハンバーグの両面に焼き色がついたら、みりん、酒、しょうゆ、だし汁、刻みねぎを加える。フタをして、中火で5〜6分蒸し焼きする。
G大葉を洗って水気を切り、器に敷く。上にハンバーグを盛って椎茸とゆり根を飾り、煮詰めた煮汁をかける。

ゆり根ポタージュ

柔らかな甘みと、ほくほくした食感が持ち味のゆり根。そんなゆり根をたまにはペースト状のポタージュで
 いただいてみませんか?素朴で品のある甘みが、ミルクやバターの風味にとても合います。
 ゆり根は良質のたんぱく質やでんぷん、カルシウム、食物繊維も多く含まれているので、心強い美容の味方です。

<材料>(4人前)
・ゆり根…2個 ・長ねぎ(白い部分)…1/2本 ・玉ねぎ…1/2個 ・生クリーム…50ml ・牛乳…1カップ
・バター…20g ・コンソメスープの素…1個 ・湯…150ml ・塩、こしょう…少々 ・あさつき…少々

<作り方>
@ゆり根は一枚ずつはがして、泥やおがくずを洗い落とす。
A玉ねぎは薄切りにし、長ねぎは小口切りにする。
B鍋にバターを入れ、熱して溶かしたら玉ねぎと長ねぎをしんなりするまで弱火で炒める。
Cゆり根を加えてさっと炒め、コンソメスープの素を湯で溶いたものを加えて、フタをして15〜20分弱火で煮る。
Dゆり根が柔らかくなったら粗熱を取ってミキサーにかける。
Eピューレ状になったら鍋に戻し、牛乳と生クリームを加えて温め、塩こしょうで味を整える。
Fあさつきを飾っていただく。
     
レシピトップ