ゼラチンで簡単に料理を作りましょう!


  夏らしくゼラチンを使ったお料理を作ってみました。
  ゼラチンを使って、可愛く美味しい料理ができました。




カラフル野菜のモザイクサラダ

ゼリーで寄せたとても個性的なサラダ。手間がかからない上、見た目も美しいので時間のある時に作っておくと、急な来客のおもてなしにばっちり使えます。
モザイク模様を想像しながら、重ねていくのがコツ。
お好みの野菜で、長さは継ぎ足してやればOK!

<材料>(18〜20cmの長さで深めのタッパー1つ分)
・かぼちゃ…1/4個 ・アスパラガス…1束 ・山芋…1/2本 ・いんげん…1束 ・ブロッコリー茎…1本分
・人参…1本 ・ほうれん草…1束 ・レタス…7〜8枚 ・飾り用のベビーリーフやスプラウトなど…適量
・粉ゼラチン…20g ・コンソメの素…1個 ・水…200ml
・ドレッシング…お好みの市販品でどうぞ。または塩、酢、こしょう、オリーブオイルなどをそれぞれ適量で作っても合います。

<作り方>
@大きめの密封出来るタッパーを用意する。野菜はそれぞれ角棒状に切って塩茹でする。ほうれん草とレタスも塩茹でしておく。
Aコンソメの素を200mlの水に溶かして、ゼラチンも加えて弱火で温める。沸騰させないように注意する。弱火で煮とかしたら冷ましておく。
B茹でたレタスの水気をよく切って、タッパーに敷き詰める。(断面がモザイクになるように他の野菜を敷いて全体をレタスでくるむので)、レタスはずらして広げて敷いておく。
C色彩を活かしたモザイク模様になるように野菜を詰める。野菜を詰む度にゼリーを流し入れる。
D野菜を詰め終えたら、レタスをかぶせてくるむ。密封容器のフタをして冷蔵庫で冷やす。

E冷やし固まったら切り分けて、ベビーリーフなどを飾り、ドレッシングをかけて出来上がり。


コンソメジュレ&トマトの冷製パスタ

夏の日射しがたっぷりな日には、リコピンやビタミンCが豊富なトマトを丸ごと使った冷製パスタをどうぞ。
すだちを絞ったさっぱりトマトソースは最後まで楽しく味わえます。コンソメジュレのこくや舌触りが一緒に楽しめて、コラーゲンもたっぷり♪

<材料>(4人前)
・パスタ…320g ・トマト…4個 ・すだち絞り汁…2個分 ・粗挽きこしょう…少々 ・塩…少々 
 ★コンソメジュレ 
・粉ゼラチン…15g ・水…400ml ・コンソメスープの素…2個 ・きゅうり…1/2本
・塩茹で枝豆…30粒程度 ・塩、こしょう…少々 ・バジルなどハーブの葉…適量

<作り方>
@コンソメのジュレを作る。鍋に水とコンソメスープの素を入れて火にかけ、塩、粗挽きこしょうで味を整える。
A湯気がたったら火を止めて、粉ゼラチンを加えてよく溶かす。ちなみに粉ゼラチンは50〜60℃で溶け、沸騰させると固まらないので注意!
B 枝豆はさやからはじき、きゅうりは小さなサイコロ状に切る。ゼリーに加え混ぜて冷やし固める。
Cトマトソースを作る。トマトをざく切りにしてピューレ状にし、塩と粗挽きこしょう、すだちの絞り汁を加え、冷蔵庫で冷やす。
D固めにパスタを茹でて冷水に取り、水気をよく切る。トマトのソースをかける。
E器にパスタを、そしてコンソメジュレを色よく盛る。最後にハーブの葉を飾って。


果物の水玉ゼリー

なんだか懐かしいガラス玉が入ったような水玉ゼリーは、見ているだけで幸せな気分。今日の3時のおやつにはクラッシュすれば涼しげにキラキラ光る、みずみずしい果物ゼリーを作ってみませんか?お好みの果物やジュース、シロップなどでアレンジしてみるのもおすすめです。

<材料>(プリン型や小鉢に6〜8個分)
・りんごジュースなど…400ml ・レモン果汁…大さじ2 ・キルシュ…大さじ1 ・粉ゼラチン…22g 
・すいか、メロン、ぶどう、さくらんぼなどお好みの果物…適量

<作り方>
@ぶどうは皮をむき、さくらんぼはへたを取る。すいかとメロンは種をとってスプーンで丸くくりぬく。
A鍋にりんごジュースとレモン果汁、キルシュを入れて中火にかけ、ヘラでゆっくり混ぜながら、煮立ってきたら火を止めてゼラチンを加える。
Bゼリー液をボウルに移して氷水に当てながら、静かに混ぜる。ボウルの底が冷めたら水で濡らした型にお玉1杯分ほどゼリー液を流して、冷蔵庫で10分ほど冷やし固める。
C固まったら果物を彩りよく並べて、さらにゼリー液をかぶるくらいに流し入れ、冷蔵庫でゆっくり冷やし固める。
Dこれを型の縁まで数回繰り返して、冷やし固めていく。
Eすべて固まったら、型から抜いてお皿に移す。熱湯をはったボウルに型を少しつけてあげると抜きやすい。
レシピトップ