絵の具でペイントすると、空き缶が生まれ変わります。

アルミ缶を使って、観葉植物などをディスプレイできる バッグ型の入れ物を作りましょう。

リメイク空き缶バッグ

<材料>
・アルミ製の空き缶
・紙やすり
・革紐
・缶切り
・ハサミ
・針と糸
・目打ち
・ペンチ
・アクリル絵の具(お好みの色)
・スタンプ用スポンジ


<つくり方(図参照)>
①アクリル絵の具が乗りやすくなるように、 紙やすりでアルミ缶全体に傷を付ける。
②缶切りでアルミ缶の上部をくり抜く。(図1)
③アルミ缶の点線部分をハサミでカットする。(図2)
④カットした底をつぶしてペンチで三つ折りにする。(図3)
⑤植物を植える場合は水抜き用に底をカットする。(図4)
⑥目打ちでサイドに穴を開ける。(図5)
⑦こげ茶色のアクリル絵具で下塗りをする。
缶の柄が見えなくなるように、乾いてからもう一度重ね塗りをする。(図6)
⑧下塗りが乾いたら上塗りをし、スポンジを丸く切って 水玉模様にスタンプする。(図7)
⑨穴に革紐を通して糸で縫い留めたら完成。(図8)

     
     
     
   
   
   
   
   
   
   
   
手作りトップ