アロマキャンドル

キャンドルを灯したときに、ほのかに香るアロマオイルやハーブの香りがちょっとしたリラックスの時間を演出してくれます。
揺らぐ炎を見ているだけでも、落ち着きますね。


<材料>
・蜜蝋(みつろう):容器に合わせた量を用意
・ホホバオイル(なければ料理用のオリーブオイル):蜜蝋の2割ほど
・お好きな精油:キャンドルの約3%(キャンドル25gで15滴くらい)
・色付け用のピグメント(今回は酸化クロムグリーン等を使用):適量(少量で色づきます)
・ドライハーブやスパイスなど:適量
・ろうそくの芯

<ステッチの入ったカードの作り方>
@蜜蝋とホホバオイルを容器に入れて、湯煎にかけて溶かします。
Aキャンドルの芯を容器の中心に固定し、(図参照)溶かしたキャンドルを容器に流し入れます。
※ドライハーブを加える場合は、ハーブが軽いので上に浮いてしまいます。
もし中の方にまでハーブを入れたい場合は、キャンドルを少し入れてハーブを加える作業を繰り返し段階的に加えていってください。
Bここで色づけしたい場合はピグメントを加えてよく混ぜます。
(混ぜ方が足りないと底に沈んでしまいます)
C固まらないうちに香り付けの精油を加えます。
Dキャンドルが固まったら完成です。
(表面にくぼみが出来る場合、上から溶かした蝋を少し加えます。)

※精油の香りをもっと楽しみたい場合は、
キャンドルにいったん火を付けて、表面のロウを少し溶かしていったん火を消し、
溶けたロウの中に数滴落とすと、さらに香りが広がります。
※湯煎にかけたキャンドルは、とても熱いので取り扱いには十分注意してください。







手作りトップ