蚊取り線香の香りは夏の風情を感じさせます。

ワイヤーを使った簡単な線香立て2種です。
引掛け型は容器に引っかけて使い、スティック型は、残った線香を使うのに便利です。

ワイヤー蚊取り線香立て2種

<材料>
【引掛け型】
・アルミワイヤー(太さ2mmくらい)
・蚊取り線香がすっぽり入るサイズの四角い容器

【スティック型】
・アルミワイヤー(太さ2mmくらい)
・お好きな容器


<つくり方(図参照)>
【引掛け型】
①四角形の容器の一辺の長さを測る。
②一辺の長さ×3倍の長さのワイヤーを用意する。
③②を半分に折り曲げ、図のように少し先を窪ませ、
 蚊取り線香を引っ掛ける形を作る。(図1)
④四角形の容器の中に先を合わせて、図のように開く。(図2)
⑤容器に引っ掛ける形に曲げる。(図3)
⑥端をくるくる巻いたら完成。(図4)


【スティック型】
①容器の深さ×5倍の長さのワイヤーを用意する。
②容器の深さ分を残し、太めのマジックペンの底形に合わせて、
 図のようにワイヤーを巻く。(図5)
③次にマジックペンの側面に合わせて巻きます。(図6)
④容器に砂を入れ、ワイヤーを挿したら完成。(図7)

     
     
     
   
   
   
   
   
   
 
手作りトップ