携帯ごみ箱

お気に入りのバッグのサイズ、ビニール袋のサイズなどに合わせて作ってみましょう。
中にはサイズに合わせた小さなビニール袋をセットでき、濡れたものなども捨てられるすぐれもの。
持ち手に引っかけられる小さな携帯ごみ箱。




<材料>
・バネ口金(今回は12cmを使用)
・表布と裏布 約30cm×20cm
・口布 約10cm×20cmを2枚
・ベロ 約5cm×15cmを4枚
・金具付きストラップ(長さはバッグの持ち手に合わせる)
・ビニール袋(今回はポストカード等が入る袋を使用)

<作り方>
@表布・裏布は中表で半分に折り、  口布とベロはそれぞれの生地を中表にして図1のように縫い合わせる。
A表布と口布を中表に重ね縫う。(図2)
B口布を表にかえしてベロを口布に中表に重ね、しつけをかけておく。(図3)
CBを裏返して、裏布を中表にして重ね、周りをぐるっと一周縫う。(図4)
D裏布を引っ張り出して、返し口から表にひっくり返す。(図5)
E表に返したら、裏布の返し口を縫って閉じ、表の袋の中に入れて整える。(図6)
F口布の脇の穴からバネ口金を通し、ピンを通してハンマーで叩いて入れる。(図7)
Gストラップの金具を通して完成。(図8)
※ビニール袋をセットする際は、ベロを持ち上げて袋をセットし、元に戻す。



手作りトップ