普通のカレンダーじゃ物足らないならこれ!

ころんとしたくるみボタンを使ったら、 かわいいカレンダーができあがりました。

くるみボタンのカレンダー

<材料>
・くるみボタンの金具(写真:日にちは直径15mm、月は27mmを使用)
・ボタンをくるむ生地 
・画鋲
 ・金属用のボンド
・生地用の絵の具(アクリル絵の具などで代用しても可)
・カレンダーのベースになるコルクボード
・コルクボードを包む生地(写真:プリンターで印刷出来る生地を使用)


<つくり方>
①カレンダーの月・日になるボタンを作る。(月は12個、日は31個)
②ボタンのウラにある足(糸を通す穴)をペンチでカットして、瞬間接着剤など金属用のボンドで画鋲を貼る。
③出来上がったボタンに数字を書く。(写真:生地に書ける絵の具を使用)
④コルクボードを好きなカレンダーのサイズにカットする。
⑤カレンダーのベースを印刷できる生地にプリントアウトする。
⑥④を⑤の生地で包んで裏返し、ボンドで接着する。
⑦⑥で出来たカレンダーベースに月・日のボタンを刺して完成。
※プリンターで印刷できる生地は大型家電量販店や手芸店などで購入できますが、
なければカレンダーのベースを直接手書きで書き入れましょう。
※くるみボタンを包む生地は、あまり厚手のものを選ぶと 包みにくくなる場合があるので、
なるべく薄手の物がおすすめです。

     
手作りトップ