秋の夜長を演出。あなただけのランプシェード。

和紙の間からこぼれるやさしい光と
レースの優しい影が、
秋の夜長をもっと素敵なものにしてくれます。

シェード型

<材料>
・和紙(お好みのもの) ・のり ・刷毛
・シェードの型にするもの(ここでは丸型は風船、スタンド型はバケツを利用) ・好きなレース

<シェード型の作り方>
@バケツをさかさまにしてそこに和紙を貼っていきます。
※作り方は丸型と同じですが、最後の和紙を貼り重ねる前に、レースをはさんで、上から和紙を貼って完成です。
(ここではレースを使用しましたが、薄手の印刷した紙や、セロファン、木の葉など、いろいろな素材でお楽しみください)


丸型

<丸型の作り方>
@風船をふくらませ、そこに適当な大きさにちぎって水で湿らせた和紙を貼っていきます。(すきまが出来ないように)
Aその上から少しの水で薄めたのりを刷毛で塗り、またその上から和紙を貼り重ねていきます。この作業を4〜5回くり返します。
B色違いの和紙で柄を入れたり思い思いのデザインを作りましょう。
C貼り終えたら、風船をさかさまにして、風通しの良い日陰の場所で乾燥させ、乾いたら風船の空気を抜いて完成です。
(風船は厚手のしっかりした物を選ぶと空気が抜けにくいです。もしくはビーチボール等を代用しても)



注意!!
※安全の為、電球は25W以下で。電球とシェードの間は必ず10センチ以上あけて下さい。
 丸型の場合、熱くなった空気の逃げ場がないので、3時間位で一度電気を消すようにしてください。
 シェードの方は丸型よりもう少し長時間大丈夫ですが、熱くなりすぎているようでしたらしばらく電気を消す事をおすすめします。

 ※シェードと電球を固定するワイヤーなどはDIYショップ等で手に入ります。
手作りトップ