お部屋のカーテンを留めるタッセルをワイヤーで作ってみましょう。

柔らかいアルミのワイヤーを使えば、手でも簡単に曲げることができて カーテンの大きさに合わせます。
無機質なアルミワイヤーですが、形をリボンにしてみたり木のボタンを付けると、とても素敵なアクセントに。

ワイヤーカーテンタッセル

<材料>
・アルミワイヤー
太いワイヤー(太さ2.5mm)
細いワイヤー(太さ1mm)
※ワイヤーの色は今回はパールグレーという色を使用
・ペンチ(先の細めの物が使いやすい)
・木のボタン


<作り方>
@太いワイヤーで図1のような形を作る。
ABのワイヤーの先を図2のように折る。
BBの折り曲げた間にAを挟んで固定する。(図3)
C細いワイヤーをリボンの形にそって、何本か巻き付ける。(図4)
D適当な長さ(カーテンに巻く長さ)にカットした太いワイヤーの一方の先を  リボンの中心にぐるぐるっと巻き付ける。(図5)
Eもう一方の先を小さくくるっと巻いて、巻いた所を土台にし、  木のボタンを細いワイヤーで固定させて完成。(図6)

※アルミの切り取った破片などで怪我をしないように、作業の際は十分ご注意ください。


手作りトップ